FC2ブログ

プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

ポケール メルセデスベンツ540K カブリオレ、フォードGT40 

いや~、メッチャ、寒くなってきました。
今日は、ついに雪が降ってきました。
プラモ作成には、辛い季節の到来ですね。

又、12月は、なんだかんだと、忙しく、これまた、プラモに手が
届きません。作りかけのプラモが、山積みとなってきました。
そんな中、迷作会、会長は、どんどん、作品を、完成させられて
おります。会長に続くようにガンバラなくては、ですね。

今日は、 アートゼロ模型店の店長が、お客さんの依頼で、かれこれ
何ヶ月もかけて作られています。
ポケール 1/8 メルセデスベンツ540Kの製作中の状態を、
店長さんに、ご無理言いまして写真を撮らせて頂きましたので、アップさせて頂きます。
ベンツエンジン-1
エンジンだけでも、でかいですし、そうとうリアルですね。
ベンツエンジン-2
店長さんが、ポケールのメルセデスを製作依頼で作られているところを見させて頂くのは、
これで、2回目なのですが、最初にこのキットを見た時に、なんという大きさと、内容の濃い
キットなのだ~と、驚きの一言でした。大体このキットを見るのも初めてでしたし、
ポケールというメーカーが、存在していたという事も、初めて知りました。
ベンツエンジン-4
このエンジンの中は、しっかりと、シリンダーも再現され、手前のロッドを回すと、しっかり、
シリンダーも動くようになっています。ただし、簡単に組める代物では、ないようで、
店長も、しっかりと労力をかけ、キッチリと組み上げておられました。
ベンツエンジン-3 ベンツエンジン-7

ポケール メルセデスベンツ-3
シャーシも、ほぼ組みあがっていて、エンジンを組み込んだ状態です。
ポケール メルセデスベンツ-2
前回の依頼作は、ボデー色が、黒色でしたが、今回のは、白ですね。
もちろん、エンジンフードは、ヒンジで、ちゃんと跳ね上がるようになっていますので、
エンジンは、完成後もしっかり見れるようになります。
ポケール メルセデスベンツ-1
ホイールは、金属パーツですので、強烈にリアルです。
サスペンションも金属パーツ満載ですので、まるで、本物の縮尺と言ってよく、
ハンドルを回すと、ちゃんとステアがきれます。
「これ、走るんじゃないの? 乗っていいですか~」と言いたくなるほどであります。

ボディーも、もうすでに、磨き行程に入られていましたので、もうすぐに、完成なのでは
と思います。ボディー、シャーシーフレームは、プラなのですが、
キットが、古いからなのか、樹脂成形型設計の問題なのか、わかりませんが、
モーレツに合わない部分があり、店長さんも、苦労されていました。
しかも、合わない箇所が、前回、作った同じキットと違っちゃったりしています。
到底、私などの力量では、歯が立ちません。しかし、そこは、「アートゼロ」店長さん。
しっかり合わされておりますし、合わせたところが、わからなくなってしまいます。
完成は、近々だと思いますので、
完成写真は、リンクに貼ってある「アートゼロ」のギャラリーで見て頂だけるように
なると思いますよ。

前回作成された、ブラックのメルセデスは、すでにアートゼロギャラリーで見れますので
是非とも、見て頂きたいのであります。シートは、皮貼り、ドアは開くわ、
エンジンスタートキーを回すと、ヘッドライトが光るわ、とんでもないキットであります。
もうすでにポケールというメーカーは、無いそうですが、当時の販売価格は、
10万円ほどと聞き、さらに驚きです。
いづれにしましても、こんなゴージャスなキットを、アートゼロ店長さんに
仕上げて頂ける、お客さんが、羨ましいかぎりですね。

次も、アートゼロ店長さんの、作品で、
フジミ 1/24 フォードGT40の写真を、
フォードGT40-1

フォードGT40-2
水色のGT40(68年)が、昨年完成されたもので、紺色が、もうかれこれ、8年前ほどだそうです。

フォードGT40-4 フォードGT40-9
シートのリベットでしょうか、写真で見にくいですが、真鍮パイプを、一つずつ突っ込んで
再現されているそうです。「恐ろしや~」であります。

フォードGT40-6
8年前に作られた、66年のGT40ですが、未だに、面も艶もしっかり出て、チカチカで
あります。 
マスター(店長)の、ポリシーは、
「10年、20年経っても、ヒケが出ず、艶を保つ仕上がりである事。」
 と言われます。
「作成依頼され仕上げた、作品が、3年経ったら、デコデコになっちゃった。
みたいな事が、絶対にあっては、いけないんです。」っと。  なるほど!
これは、塗装のやり方の問題なのですが、
確かに、私の作品も過去には、1年経ったときに、
「こんなに、表面が、デコデコだったっけ」みたいな事が、よくありました。
今では、マスター(店長)の指導のおかげで、そういう事がなくなっております。

フォードGT40-10 フォードGT40-13
同じGT40でも、年式で、結構スタイルが違うんですね

フォードGT40-8
どちらの作品も素晴らしいのであります。

フォードGT40-5

私も、GT40を作ってみたいのですが、難易度が高そうで、尻込みしております。
そのうち、トライするぞ!と心に誓っては、おりますが、いつの事やら。

しかし最近は、こういった素晴らしい作品を、見る機会が多いので、初心を忘れがちに
なっているのでは、っと、ふと思いました。
プラモデルを、作りだした、当初に、この店長の作品を見たら、
「本当にプラモデル?」「高級なミニカーでしょ?」っと
疑っていたのではと思います。

プラモデルは、本当に、奥深いのであります。
カーモデルも、ミリタリーも、キャラ物も、作り手によって、ただのプラスチックが、
とんでもない作品に変わります。
プラモデルに、再度、惚れ込んでしまっている、今日この頃であります。

そういえば、ミリタリーといえば、ヒロナリ副会長さん、このごろお忙しいようで
ブログが、進んでいませんが、久々に、ヒロナリさんの作品が、見たいと思いました。
リンクの「ヒロナリさんのモケーな日々」を、これから見直そうと思います。

あっそれと、今年、迷作会に、入会したいと、河村模型さんに見えた方が、おられました。
もしこのブログを、見ておられましたら、再度、河村模型さんに、連絡先を、教えて
頂きたいと思います。私のほうから、定例会等、ご案内致します。
宜しくお願いいたします。

category: アートゼロ

ブラバムBT44B、F14Aボムキャット 

朝晩が、急激に寒くなってきました。
昼は、まま、暖かいですが、朝が、寒くなってきましたね。

迷作会では、会長さんが、頑張って、作っておられますが、
他のメンバーさんは、どうでしょうか?

コウダさんからは、新しく、作品が出来たよ。と、連絡ありましたので
写真を撮りに行きますね。他のみなさんも頑張って下さいね。

今回は、アートゼロの店長さんの作品をご紹介します。
お客さんからの依頼作ですが、依頼主にお願いしまして
撮らせて頂きました。

まずは、 タメオ 1/43 ブラバムBT44B です。
ブラバムBT44B-11
写真だけ見ると、タミヤの1/12かと思うほどの出来であります。
実際には、全長8センチくらいでしょうか。

ブラバムBT44B-17
このブラバムは、私が、中学生のころでしょうか、タミヤの1/12を買って作った思い出が
あり、この真っ白なボディーに、マルティーニラインが、大変似合っていて、
そのころの私の中では、一番好きなF1だった事を思い出しました。

ブラバムBT44B-13
この三角ボディーが、大変個性的で、カッコいいですね。
まっ、これは、個人の好みですが、

ブラバムBT44B-14
タメオ、メタルキットで、BT44があるのですね。私は、初めて見ましたが、
店長さんが、作成しているのを見て、気になってしょうがなかったですね。
こんなに、綺麗には、自分では、出来ないですから、作って頂いたお客さんが、
うらやましいのであります。真っ白で、艶々すぎて、写真を撮るのが、難しかったです。
もし、タミヤの1/12が手に入ったら、又、作ってみたいのであります。


次も、お客さんの依頼作で、
フジミ 1/72 F14A ボムキャットです。トムキャットでは、ないのですね。
F14Aボムキャット-2

F14Aボムキャット-8

F14Aボムキャット-9

F14Aボムキャット-10
淡く、色むらを付けておられます。
墨入れは、あえて入れておられません。 でも、かっこいいのであります。
私は、汚しでごまかさないと、基本塗装だけでは、なかなか、カッコよくならないのですが、
店長さんは、やっぱり違いますね。

F14Aボムキャット-6 F14Aボムキャット-7

写真を、撮り終わったと思いましたら、
店長さんが、「このキットは、翼が、可変式になっていますよ。」との事で、びっくりしました。
私も、ハセガワの 1/72 トムキャットを作った事がありますが、固定式でしたので、
急ぎ、カメラを取り出して撮らせて頂きました。
F14Aボムキャット-11

F14Aボムキャット-13

F14Aボムキャット-14 F14Aボムキャット-12
汚れた、机の上で、申し訳ありません。店長さん。

しかし、汚し塗装をしてなくても、こんなにかっこよくなるものなんですね。
やはり、基本組立、基本塗装が、しっかりしていると、それだけで、存在感が、違いますね。

以前、店長さんは、メーカーさんからの製作依頼も受けていたそうで、
商品ディスプレイ品等では、そんなに、汚したり、ディテールアップは、出来ないとの事で、
そういった、お仕事(製作)では、基本組み、基本塗装だけで、綺麗にカッコよく
見せないといけないとの事です。

確かにそれが、一番、テクニックが、いるのではないのでしょうか。

楽しいプラモデルですが、仕事で、製作するというのは、
簡単な事では、ないですね。依頼品のなかには、滅多に手に入らない
キットもありますから、失敗が許されませんしね。

大変ですが、これからも、がんばって下さい。アートゼロ店長さん。

category: アートゼロ

ケンメリ、ガヤルドPOLIZIA、T55 

池田迷作会、2014年 9月度 定例会は、9月20日(土曜)
会長宅でございます。 (日を間違えてしまいました、訂正しました)
会員の皆様、よろしくお願い致します。

今回は、アートゼロの店長さんが、作られました
フジミ、1/24 ケンメリ スカイラインを、ご紹介致します。

以前、制作途中の写真をアップさせて頂きましたが、
今回は、完成した写真を
ケンメリ-9

ケンメリ-7

ケンメリ-6
真っ白な、スカイライン GTR ケンメリ。
私が、幼少ころ、父が、知り合いの車屋さんに置いてあった新車のケンメリGTの助手席に
私を乗せて、ハンドルを握りながら 「これ、いいよな」とつぶやいていた事を、思い出しました。
結局、高額な為、買えなかったようですが、幼い私にも、高級感というのか、凄みみたいな
ものを感じた事を覚えています。いや~懐かしい事を思い出しました

ケンメリ-3

ケンメリ-4

ケンメリ-8
素晴らしい、エンジンルームです。
エンジンは、タミヤのハコスカGTRの物を、移殖されております。

プロポーションの良いケンメリのプラモデルは、今一つないようですが、
フジミのケンメリを、ここまで持ってこられるのは、さすが、アートゼロ店長さん
であります。塗装が、厚くないので、もったり感が有りません。
こういった、どこにも隙のない、実車感の有る作品を、私も作りたいですね。
頑張らないといけませんね。




頑張るといえば、身近なところで、大変、まめに努力している
ヤスさんの少し前に出来た作品を。
ガヤルド POLIZIA-1
フジミ 1/24 ランボルギーニガヤルド POLIZIA(ポリスカー)です。
ヤスさんは、本当に、パトカーが好きですね。 綺麗に仕上がってますね。
私は、なぜか、パトカーは苦手です。パトカーを見ると、なにか落ち着かないというか
えっ、 「私、なにも、悪い事、してませんよ」
しかし、このパトカーは、カラーリング、スタイル全て良しですね。
というか、パトカーに見えないです。
ガヤルド POLIZIA-7

ガヤルド POLIZIA-6
白いラインは、マスキングして、塗り分けていますが、綺麗に出来ていますね。
ガヤルド POLIZIA-3
いや~、素晴らしい、ポリスカーを見せて頂きました。
ヤスさん、これからもどんどん腕を上げて、迷作会を盛り上げて下さいね。



次に、戦車が、大好きな、ワタさんの
T55 エニグマを、
T55エニグマ
この写真は、実は、6月の展示会の時の写真なのですが、
展示会の紹介の中から、漏れしまっておりました。

いえ、違いますよワタさん、取って置きの作品を、取っておいたのですよ。
実は、戦車が、よくわからない、私も、この作品は、大変カッコいいと思っておりました。
実際に、汚しを入れているところを、アートゼロさんで、見せて頂きましたが、
うまく、汚されるな~と見入っておりました。しかも、手早い!。
又、今度、勉強させてくださいね。

次回は、定例会で、撮らして頂ただく、作品を、アップ致します。

category: アートゼロ

ハコスカ、ケンメリ、アートゼロ 

いよいよ、平成26年度、池田迷作会展示会の日程が、
決まりました。

6月22日(日) となりました。

岐阜県揖斐郡池田町 池田町公民館第3会議室での展示であります。
迷作会のみなさん、残り3ヶ月切りました。
ガンバリましょう。

今回は、アートゼロ模型店の店長さんが、作られた中でも、
私の一番のお気に入りであります、日産スカイライン2000GT
「ハコスカ」を、ご紹介します。

こちらも、ゼロの常連さんの依頼で作られました作品です。
常連さんに、お願いしまして、写真を撮らせて頂きました。
スカイラインハコスカGT-1
こちらの ハコスカGTは、タミヤのスカイラインGTRをベースに改造して
作られております。
パッと見、「ハコスカGTR」でしょ。と言われそうですが、
よく見ていただくと、「ハコスカ2000GT」なのです。
スカイラインハコスカGT-12
ハコスカGTRとGTとの大きな違いは、オーバーフェンダー有無し、
もちろんエンジンが、ツインカムかシングルカムかと色々ありますが、
やはりこのサーフラインが、しっかりつながっているのが、GTR以外のグレードの
特徴でありますね。
スカイラインハコスカGT-7
タミヤの1/24ハコスカGTRには、オーバーフェンダーが付く為、このサーフラインが
途中で大きく切れてしまっています。GTを再現するには、このサーフラインを、
継なぐ必要がありますが、店長さんは、見事に再現されています。
つなぎ部分が、全然わかりません。すばらしいです
スカイラインハコスカGT-6 スカイラインハコスカGT-10
エンジンも、ちゃんと、L型に載せ替えてあり、すごくリアルに再現されています。
私が、子供の頃は、よくこのハコスカが、走っているのを見ました。
たしかに、GTRは、ステータスで憧れですが、実際に子供の頃に見たハコスカは、
このサーフラインが、しっかり見えた、ハコスカであり、GTRじゃなかったですね。
やはり思い入れは、GTのほうが、ありますね。う~ん今でも乗りたいです車です。
そりゃ、確かにGTRのほうが、欲しいですけどね。
スカイラインハコスカGT-2

スカイラインハコスカGT-8
テールもちゃんと,2000GTになっています。すごい
スカイラインハコスカGT-11
すばらしい、シルバーであります。ムラなんて、一つもありません。
アートゼロ模型教室では、このシルバーの塗りを、綺麗に塗れるように
なって下さいね。と店長さんに言われますが、ムラなく綺麗に塗るのは
本当に難しいのであります。先生すみません。今の私にはムリです
スカイラインハコスカGT-9
ハンドルも、なんでこんなにリアルに塗れるんでしょうね
スカイラインハコスカGT-15
グリルもちゃんと、抜かれていますね。いや~、素晴らしい作品です。
私の個人的な意見では、やっぱりハコスカはタミヤ製が、一番好きですね。

ところで、店長さん、今度は、「ケンメリGTR」を作られています。
こちらは、フジミのケンメリですが、作製中の物を、撮らせて頂きました。
スカイラインケンメリ-4
こちらも、なんだか、素のキットとは、ちと違いますよ。
タイヤが、しっかり、センター位置に決まり、車高もいい高さですね。
元のキットと違うところは、見る人が見ればわかるんでしょうね。
スカイラインケンメリ-6
なんだか、ボンネット裏が、やけにリアルになっています。
エンジンルームには、どうやら、タミヤ製のS20型エンジンが乗るみたいですね。
スカイラインケンメリ-1
このケンメリも、本当に完成が楽しみであります。
スカイラインケンメリ-3
いやー、アートゼロ店長さんの、製作中の貴重な写真を撮らせて頂きました。
店長さんが作られると、いつも驚く、本当にプラモデル?と言いたくなる完成度になるには、
仮組み、と下地作り、そのあたりの基本(基礎)をしっかり作り込む
事ですよ。と店長さんは言われます。

それが、なかなかしっかり出来ない、私であります。
すぐに、色を塗りたくなっちゃうんですよね
まっ、そのうち、先生(店長)さんに、認められるような作品を
作りたいと思っている今日このごろであります。

category: アートゼロ

HONDA F1 RA273 

もう、すでに12月となってしまいました。
早いですね~、1年たつのは。

めっきり寒くなってきまして、プラモ作製意欲も
なえてきますね。

そうは言ってられませんね、来年の展示会まで後半年、
長いようで短いです。迷作会の皆さんガンバリましょう。

今回は、アートゼロ(模型屋さん)の店長さんが、
お客さんの依頼で作られました、タミヤのHONDA RA273を、
ご紹介致します。

このキットは、もう本当に古いですね。1/12で、
私が、子供のころに、発売されて、その頃は、
本当に高くて、買えなかった事を思い出します。

では、さっそく。
 完成品を目の当たりにしてスゲーと叫んでしまいました。

HONDA RA273-20
このキットは、こんなに綺麗に出来るキットでしたっけ。
なんか、ビシッと決まっています。
実車な、感じがします。驚きです。
HONDA RA273-3
これは、本当に、プラモデルなのでしょうか?
HONDA RA273-12
この面の出方、白色の美しさ、輝き、エンジンの金属感、
どこを取っても美しいのであります。
フード(ウィンドウ)は、バキュームで、作られたそうです。
リアル感が出るポイントですね。
HONDA RA273-23
メーター類も超リアルです。バックミラーは、本当に鏡では?

HONDA RA273-21 HONDA RA273-18
もっと、アップを撮ればよかったのですが、マクロレンズを忘れて、
しまっておりました。依頼されたお客さんが、当分お店に、
飾って置かれたいようなので、しっかり見たい方は、
お店で見れますよ。
HONDA RA273-10 HONDA RA273-5
しかし、アートゼロ店長さんの、すごい作品をいつも見ていますと
目だけ肥えてしまっていけません。腕も肥えなければと思いつつも
なかなか、腕は、上がりません、店長さんのように沢山作って、
腕を磨かねばなりませんね。

アートゼロ模型教室に通っていますと、ただ作るのではなく、
よく考えて作らなければ、良作は出来ない事を教えて頂けます。
又、失敗する事は、当たり前だけど、それをどうやってリカバリー
するかも教えて頂けます。ホントに勉強になります。
でも、店長さんは、仕事なので、失敗が許されないので大変なのであります。

HONDA RA273-9 HONDA RA273-6
HONDA RA273-7
こんな、素晴らしい作品を作って頂く、お客さんが、羨ましいですね。
HONDA RA273-19

う~ん、私もなんとか自力で、こんな作品を作りたいですね。
てなことで、来年の展示会に、向けて、寒さに負けず、ガンバラねば。
そういえば、このRA273は、来年の池田迷作展に、出して頂けるそうですよ。
店長さん、ありがとうございます。

さあ、来年池田迷作会、展示会の課題は、
なるべく、大きな作品(個体でもジオラマでも)を、
とういう内容です。私も、早く作り出さないと、間に合わないぞ~
と言う事で、ガンバリます。
それと、サブテーマは、「ファントム」ですので、こちらも
ガンバッて作らねばと思っています。
・・・やっぱ、思っているだけではダメですかね、「会長・・・ゴメンナサイ」

category: アートゼロ

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード