FC2ブログ

プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

研ぎ出し方法 (カーモデル) 

今年の12月は、えらく雪が、積もっております。
去年は、このブログの中で、雪は、軽く降りましたが、
積もっておりませんと、書いておりました。
今回の冬は、暖冬と聞いていましたが、お正月くらいには、
暖かくなるのでしょうかね。
話は変わり、今回は、カーモデルでの磨き方を、考えてみたいと思います。
私の場合は、めんどくさがり屋なので、とにかく出来るだけ早い時間で、
面を出してピカピカにしたいと、思っております。

磨き方については、いろんな、ブログで沢山ご紹介されていますので
いまさらなのですが、とりあえず、ネタもないので、
ここで私が、最近やっている磨き方をご紹介します。

色々な色を磨いてきて、やはり難しいというのか、削りキズ(すり傷)が、
なかなか、取れない(目立つ)のは、「黒色」ではないかと、思っています。
今までどうりに、磨けた~っと思っても、よくよく見ると細かなスジキズが、
沢山残って見えます。まっ、時間をかけて磨くしかないとは、思いますが。

では、私の場合、磨き方の基準としては、クリヤーパーツを、ペーパーがけして、
再度、鏡面に持っていければ、その磨き方は、間違っては、いないのではと、考えております。
しかも、手っ取り早く(短い時間で)、面を出して、チカチカに。
あくまでもこれを目的としてテストします。
磨き-1 磨き-2
時に、クリヤーパーツ(特にウインドウ)で、デコデコ品が、入っていて
面出しして、磨かないといけない場合が、あります。上の写真の物は、
結構、綺麗なので、通常なら、最終のコンパウンドがけだけで、OKだと
思いますが、これで、テストしてみます。

磨き-3 磨き-4
タミヤのペーパー(1200番)で、擦っちゃいます。
通常、ウインドウパーツを、1200で、ペーパーがけは、滅多に致しません。
かなり、深いキズを付けますので、はたしてこれが、綺麗になるのか?
ですが、クリヤー塗装後の面出しでは、私の場合、普通に使用しますので、
これで、トライします。

ここで、私の磨き方のポイントですが、水研ぎは、しません。スポンジペーパーも使いません。 
磨き-5
水研ぎ、や、スポンジペーパーを使用すると、なぜだか、最終的に深いキズが、残る事が
多いので、やらないようにしています。
いづれにしても、この最初のペーパー掛けを、いかに均一に掛けれるかが、短時間磨きの
一番大事な、こつ、なのでは、ないでしょうか。ですが、わかっていても、めんどくさがりの
私は、適当に研磨してしまいます。(面出しは、下地作りと塗装工程で大体決まりますね。)

次に、通常ならば、水洗いですが、めんどくさがりの私は、洗いません。
ティシュで、軽く拭き取りだけ行い
ウェーブのスティツクペーパー TH-260 の青色の面で、
そのまま、研磨していきます。(写真のスティックは、ハサミで半分にカットしています。)
磨き-6 磨き-7
このペーパーは、細かな、ペーパーなのですが、削れている、実感がすごく有り、
さらに、面出しが、大変しやすい、仕上げ用ペーパー(私は、勝手に思っています)
だと思います。
本来ならば、1200番、→1500番、→2000番とペーパーの番手を
細かくしていくのですが、この行程を、すっ飛ばしております。
磨き-8 磨き-9
ある程度、均一に研磨したら、テッシュで粉を拭き取り、次に、裏のさらに細かな
白色の面で、研磨していきます。「キュッキュ」と音がしながらの研磨となります。
これだけで、ずいぶんと、透明度が出てきます。
このステックは、アートゼロさんで、紹介頂いてから、離せない道具となっています。

これだけでは、さすがに、透明とは、いえませんので、コンパウンド掛けをします。
最初は、タミヤの粗目、で、磨きます。
磨き-10 磨き-11
ここでの、ポイントは、ティッシュで、磨く事です。私は、安売りの普通のティシュを
使用しています。粗目のコンパウンドですので、又、白く濁ってしまうのではと
思われると思いますが、テッシュで磨く事で透明感が、出てきます。
磨き-12
私の場合は、この時に、少し力を入れて磨きます。最初は、コンパウンドのおかげで
軽い力で、磨けますが、だんだん、重くなってきます。このころから、透明感が
出てきます。そんなに時間は、かかりません。
もし、この時点で、まだ、深いキズが、ありましたら、再度、ウェーブステック青で研磨
し直します。
磨き-13 磨き-14
次に、タミヤの細目が、良かったのですが、切らしていたので、クレオスの細目か、極細で、
又、同じように、テッシュで磨きます。だいぶ透明感がでましたが、よくよく見ると
細かな、スジキズが残っています。

最後に、ハセガワのセラミックコンパウンドを、柔らかいテッシュか、クレオスコンパウンド
に付属している、布?に付けて磨きます。
磨き-15 磨き-16
透明感が、しっかり出てきました。
磨き-17
ここまで、そんなに時間は、掛かっていません。
さすがに、クリヤーパーツを、1200番で、ガシガシ削りましたので、満足いくところまで
短時間でいけるかなと、思いましたが、なんとか、使えるくらいには、艶感が、戻って
きました。
クリヤー塗装面でしたら、さらに短い時間で、このクリヤーパーツくらいには、
仕上げれます。
ここまでに、私は、水洗い行程を、一回もしていません。
私の場合、2階で作業をしており、水洗いをするには、1階に行かなくては
ならない為、極力、水洗い行程を飛ばしております。
すじ彫りした部分に、コンパウンド残りが多い場合は、磨き完了時だけ
洗う場合がありますが、その時だけです。

以上の面出し、磨き出しも、面倒だと、思われる方も、みえるでしょうし、
そんな、大雑把では、ダメでしょと思われる方も見えると思いまが、
これは、あくまで、今の、私のやり方ですので、私も又、変わる可能性は
大いにあります。
まっ、私も最初は、ネットで、磨き方を検索して、勉強させて頂きました。
ひょっとしたら参考になる方も、見えるかもしれないな、くらいの気持ちで
書かせて頂きました。

category: 製作記

フェアレディZ S30 改 

2014年 池田迷作会の第2回定例会は、

11月15日(土) 夜 8:00~ 会長宅で開かれます。

迷作会の皆さん、参加宜しくお願い致します。


今回は、私ポルが、今年の展示会で出品させて頂いた、
ハセガワ 1/24 フェアレディZ 432 を少し改造した作品のお話を、
フェアレディZ30改-3
会社の後輩から、「S30 Z を作って下さい」と、頼まれまして
「君、若いのに S30が、好きなのかい?」 「いいね~」の流れで
軽く、製作承諾してしまいました。

「でっ、どんなの?」と聞いたら、「スターロードというチューンナップショップのZを!」
という事で、写真を見せてもらったら、「スゲー、かっこいいじゃない、でもこんな
かっこいい顔したZは、プラモで売ってないよ
と言ったら、「え~出来ないいんですか~残念です。」っと

ここは、かわいい後輩の為なので、「しかたない、じゃやってみるよ
てな、流れで、作らして頂きました。
フェアレディZ30改-4
そっくりには、出来ないので、雰囲気だけでもと思い、グリルとチンスポイラーを
プラ板とプラ棒を使って作成しました。後は、前バンパーを外したところを
プラ板でふさいだくらいの改造となりましたが、まま、雰囲気は、出たかなと。
フェアレディZ30改-2
ホイール、タイヤは、アオシマのヒッパリで。さすがに、スターロードさんのホイールは
無いので、ロンシャンのホイールを履きました。

車体ベースは、ハセガワか、フジミかで悩みましたが、ハセガワのほうがリアルに
感じたので、ハセガワをチョイスしました。
フェアレディZ30改-9 フェアレディZ30改-8
色は、GXブルーメタリックに、色の源シアンを適当に混ぜて作りました。
写真が、埃まるけで、残念ですが、お嫁入りしてしまったので、撮り直しが
出来ませんでした。

フェアレディZ30改-12
やっぱり、S30 かっこいいですね。ハコスカもかっこいいし、とにかく国産、60年~70年代は、
最高ですね。
でも、実車は、ハンドルの重たいったら(固いと言ったほうがいいかな)。
停止状態から、ハンドルきろうとすると、ハンドルが、しなりました。
実は昔、私、ノーマルでタイヤだけ太いS30を所有していた事が、ありましたので、
懐かしいのであります。 しかし、今の車は、本当に楽で、よく走るのであります。
フェアレディZ30改-6
しかし、このキットは、よく雰囲気出ています。今度は、自分用に、もう一台作ろうかと
思っているしだいであります。

category: 製作記

フェラーリF60、 ポルシェ911ターボ、P38ライトニング 

今回の製作期は、アートゼロさんで、一緒に製作されている
迷作会員さんの、製作途中をご紹介します。



最初に、タケさんの、タミヤ 1/20  フェラーリF60ですが、8割ほど完成に
近づいておられます。
フェラーリF60-1

フェラーリF60-3

フェラーリF60-2
いつも本当に、キッチリと綺麗に製作されますね。
面の美しさは、目を見張る物がありますね。
いつも、ヤスさんと、どうしてこんなに綺麗に出来るのですか~と叫んでます
完成が楽しみです。



次は、アンちゃんの タミヤ 1/24  ポルシェ911ターボです。
ポルシェ911ターボ-1

ポルシェ911ターボ-2
シルバー塗装、バッチリですね。
この時は、恐怖のマスキング地獄が終了し、セミグロスブラックを塗り終え
マスキングを剥がし終えたところでした。これから、ブラックのはみ出た部分や、
足らない部分をリタッチしていくところですね。
次の週に、リタッチ結果を見ましたが、お見事でした。



次は、ハタさんの、ハセガワ 1/48 P38ライトニングの製作途中です。
こちらも、もうすぐ完成ですね。
P-38ライトニング
ワタさんが、組み上げていくところを、いつも見させて頂いていますが、
このキットを、ねじれ無く、組んでいくのは、結構大変なのですね。
最終的に、キッチリ組まれていますね。素晴らしいですね。

ウイリアムズ FW08B
こちらも、ハタさんで、タメオ 1/43 ウイリアムズFW08B でしょうか。
後ろ4輪、前2輪の珍しいF1だそうです。
迷作会員の中で、現在 1/43のメタルキットにチャレンジしているのは、
今のところ ハタさん、だけですね。
私も、そのうちに一度は、チャレンジしてみたいです。

こちらも、完成が、楽しみですね。

河村模型さんや、アートゼロさんで、迷作会メンバーにお会いしてお話を聞きますと
テーマ作「自衛隊」の作品や
サブテーマの「日本陸軍機」も結構みなさん、進めておられますし、
ぞくぞくと、完成に近い作品も出来てきていますね。
迷作会のみなさん、プラモをしっかり楽しんで、
来年の展示会を盛り上げましょうね。

category: 製作記

F15イーグル ベストガイ 

少し更新が、途絶えてしまいました。
「会長」申し訳ありません。

2014年 池田迷作会の展示作品のご紹介が、終わり
ほっと してしまいました。

ところで展示会が、終わって初の定例会は、9月20日(土)に
会長宅でありますので、迷作会の皆様、お集まり下さいね。

とりあえず今回は、私、ポルが、何を製作しているのかを、
F15イーグル-2
来年の迷作会テーマは、「自衛隊」であります。
さっそく、ヒロナリ副会長の積みプラ処分市で、買いました、
ハセガワ 1/48 F15イーグル ベストガイ仕様を、作っております。
F15イーグル ベストガイ
まだまだ、これから細かなデカールを貼っていくところであります。

F2A_20140905233650fd6.jpg
こちらは、ハセガワ1/72 三菱F2A。
こちらも、デカール、貼り中。

自衛隊機は、迷彩が、いいですね。でもムズイです。
脚は、引っ込めて、滑空状態と致します。
もう一機、F2Bを、作って2機を、隣り合わせに飛ばしたいと思っています。

メッサーシュミットBf109-3
こちらは、ハセガワ 1/72 メッサーシュミットbf109。
ドイツ地上部隊「タイガー1」の支援戦闘機ってな感じでしょうか。

タイガー1前期
タミヤ 1/48 タイガー1戦車 極初期生産型「アフリカ戦線」と
ドイツアフリカ軍団歩兵セット 
マスキングしてある部分にタイトルを入れるつもりです。
こちらは、もうすぐ、完成であります。

フェラーリ126C2-6
こちらは、フジミ 1/20 フェラーリ126C2 ロングビーチ仕様
フェラーリ126C2-5
シャーシーは、おおよそ出来てきましたが、ボディーは、まだこれからです。

イスズベレットGT
フジミ イスズベレット1600GT 改。
突然、ベレットの強力、オーバーフェンダー仕様を、作りたくなって、
とりあえず、ここまできました。



AMG メルセデスベンツ Cクラス DTM94
こちらは、 フジミ 1/24 AMG メルセデスベンツ Cクラス DTM94。
もう後、1週間ほど、したら、磨きだしに入ります。
シャーシーが、DTMカーとは、思えない内容で、モチベーションダウン中です。

シボレーカプリス
こちらは、お友達から、塗装依頼を受けた、
シボレーカプリス。
プラモデルではなく、車ディーラーでの記念品のような物らしいですが、
大変珍しい物なのでは、ないでしょうか。大きさは、1/24くらいで
内容は、プラモな感じなのですが、未塗装品でした。
その為、塗りやすいのですが、なにせ依頼主が、昔乗っていた時のように
サビサビ、ボロボロに塗装してほしいとの事で、
難しい依頼を受けてしまいました。「本当にこんなんで良いのかな?」 と思いながら、
りあえず、ムラムラサビサビにしてみました。この後、どうなっていくのか、
自分でも楽しみです。


ここまで書いてきて、私は、同時に、今、何機のプラモを手がけているのか?
実は、まだあります。 タミヤ1/24ハコスカ。
作成依頼のストライクフリーダムガンダム。
ほかにも、何かあったような・・・

たまに、今、自分は、何を作っているのか、何をどこまで作ったのか
わからなくなってしまいます。 ドップリ、プラモ漬けの生活ですが、
ちゃんと、仕事もしているのであります。

しかし、これだけ、いっぺんに作成していると、どれも、これも
適当になっちゃっているのではと、自分でも、気にはしてますが、
やっぱり、そうなっちゃいますね。

いえいえ、ちゃんと仕上げるように、ガンバリますよ。「会長!」
あっ、会長。今度の定例会は、ケーブルTVの収録DVDを、
みんなで見ましょうね。宜しくお願い致しま~す。「会長」

category: 製作記

ハーレーダビッドソン スーパーグライド パート2 

昨年は、このあたりも、よく雪が積もった覚えがありますが
今年は、一日だけ軽く積もった(ほぼ積もっていない)だけで
助かっておりますが、いつもは、そんなに降らない地方が
大雪で、大変な事になっているとは、やはり、異常気象
なのでしょうか?

ですが、いずれにしても寒いのであります。
プラモ製作は、だいたい換気扇をバンバン回して
行っていますので、さらに寒いのであります。

そんな中、私ポルが、今年の展示会の為、製作している
タミヤ ハーレーFXE1200スーパーグライドの
製作の続きを、ご紹介します。

やっと、タンクや、フェンダーの色が決まりました。
ハーレースーパーグライド22

ハーレースーパーグライド12
グリーンメタリックのように見えますが、これは、下地がブラックの上に
クレオスのトルマリングリーンを塗り重ねております。
初めてのトライですが、なんとなく、マジョーラカラーのような雰囲気となり
結構気に入っております。
ですが、最初は、タンクの形からして、アートゼロの皆さんからは、「カナブン」ですか?
とからかわれておりました。ハッハッ
ハーレースーパーグライド17 ハーレースーパーグライド18
ハンドルは、メッキを剥してメッキシルバーネクストで塗り、ホイールはメッキそのままと
しました。後からホイールもメッキを剥がしたほうが良かったかなと思いましたが・・・
こういうのは、やってみないとわかりませんね。
ハーレースーパーグライド16
タンクのファイヤーパターンは、タミヤの1/24、トヨタBBのデカールを流用してます。
これがまた、このタンクにサイズが丁度いいんですね
ハーレースーパーグライド14

ハーレースーパーグライド7
タンクは、まだ、チョコンとフレームに乗せてみただけですが、やっぱり、バイクは、
タンクを付けるとカッコよくなります。
ハーレースーパーグライド10
タンクとリヤフェンダーのクリヤーが、乾ききったら、磨き込みをしてそろそろフィニッシュです。
スーパーグライドが、完成しだい、ファットボーイに移りたいと思います。
さあ、なんとか、2台のハーレーを、展示会に間に合わせねばと思っております。

category: 製作記

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード