プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

F14D トムキャット バウンティーハンターズ 

2015年 8月8日でございます。
展示会内容のお披露目をしましてから少々ブログの更新を怠ってしまいました。

なにせ暑くて、暑くて、仕事から家に帰りますと
会社よりも、家のほうが暑くて(クーラーへばっているのかな?)

プラモ作成どころか、ブログの更新も辛い状態が続いております。

とにかく、ブログの更新を止めますと、会長様に叱られてしまいますので
回らない頭を使って書いております。

なんて、ジョーダンですよ、会長

会長様は、展示会が終わってすでに、2作品を完成させられたとかで、
もう、さすが小林会長様でございます。

それでは、今回は、私の過去作ですが、F14トムキャットをアップ致します。

モデルグラフィックスのF14トムキャットもやっと全て揃ったところで、
作ろかな~と思ってみましたが、暑いので、やはり手が伸びません。

とりあえず、以前作ったトムキャットを眺めておりました。

F14トムキャット-2
ハセガワ 1/72 F-14D トムキャット VF-2 バウンティーハンターズです。

F14トムキャット-3

今回のファインモールドのトムキャットは、1/72の中では最高との評判でありますが、
久しぶりに見てみるとハセガワのトムキャツトもカッコよいと思います。

F14トムキャット-4

F14トムキャット-6

と言っても私め、トムキャットを作ったのは、この1機だけで、比較する事が出来ません。

F14トムキャット-10

F14トムキャット-18

F14トムキャット-16

F14トムキャット-15

あらま、デカールがシルバリングをおこしちゃってます。
こういうのは、写真をアップで撮るとしっかり見えちゃいますね。
う~ん、仕業が足らないですね。

F14トムキャット-19

いずれにしても、F14トムキャットは、映画「トップガン」を映画館で見て
しびれまくった世代でありますので、やっぱり思い入れが有るのであります。

もう一機、ハセガワの1/72の F14Aか、B型を作ってみたいと思いましたが
意外と売っていないので、今度見つけたらゲットしたいと思っております。

F14トムキャット-9

まま、汚しておりますが、塗り方、汚しの順番としましては、

1. 内装を塗った後、組立て、下地は塗らず、パネルラインに沿ってセミグロスブラックを
  細吹き。(組立は、クレオスの流し込み接着剤をメインで使用してます)
2. ボディー色を、なるべく薄めて、セミグロスが薄く残るように塗り重ね。
3. 油絵具のローアンバーで、墨入れ。拭き取るというより綿棒にチョットだけホワイトを付け
  伸ばす的な。
4. デカール貼り。
5. ガイヤノーツの艶消しクリヤー
6. 再度、油絵具のローアンバーで墨入れと、ホワイトを綿棒伸ばし。

  といった感じで塗りました。


迷作会の皆様、本当に暑いですが、お体に気を付けて、プラモ作成頑張って下さいね。
スポンサーサイト

category: ポルの作品

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikedameisaku.blog.fc2.com/tb.php/96-307d1ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード