プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

展示会告知、ミリタリーフィギュアの塗り方を考える 

ゴールデンウイークも、私ポルの場合は、後2日だけとなりました。
このところ溜め込んでいた、キットをがんばって作りきるど~と
思いながら休みに入りましたが、なかなか思ったようには進みませんね。

迷作会のみなさん、いよいよ大詰めとなってまいりましたが、
作っておられるでしょうか?。 がんばりましょう。


という事で、

2015年 池田迷作会展示会の開催日が、決定致しました。

7月5日(日曜日) 岐阜県揖斐郡池田町 中央公民館 第3会議室にて
午前10:00~午後5:00まで  入場 無料 であります。

テーマは、「自衛隊」であります。
ですが、テーマ作以外の作品も沢山出そうですね。


プラモが、お好きな方は、どしどし見にきて頂きたいところですね。
会員の皆様、いよいよです。宜しくお願いします。
7月ですと、冷房が使えるので、ちょいと、気持ちの良い展示会となりそうですね。


それから、今月5月の定例会は、16日(土曜日、夜8時~、会長宅で)
となりましたので、会員の皆様、ご参加宜しくお願い致します。
持ち込み作品ありましたら、宜しくお願い致します。

展示会と、定例会の告知は、ここまでで、
今回は、私ポルが、今、一番悩んでいる、
ミリタリーフィギュアの塗り方について考えたいと思います。

このところ、戦車をちょこちょこと、作りだしましたので、
やはり戦車には、フィギュアも乗せたいと、
先日、作ったパンターGにも戦車兵を乗せてみました。
ミリタリーフィギア塗装-6

この戦車兵は、ボディ-は、タミヤで、お顔は、ドラゴン製です。
顔の塗装は、油絵具を使用していますが、筆のタッチが荒く残るような
塗り方をしております。 写真が見にくくて申し訳ありません。

本当は、もっと柔らかい表情としたかったのですが、少し険しい表情となってしまいました。
なかなか、思ったように、塗れないものでありますね。

じょうずな方のフィギュアを拝見しますと、よくもこんなに小さな顔を
綺麗で表情豊かに塗れるものだと、いつも関心致します。

という事で、私ポルは、近頃は、ユーチューブを色々見てお勉強を致しているしだいであります。
その中で、今一番気になっている塗り方は、「油絵具のブレンディング」であります。

油絵具をちょこっと塗って、乾いた筆で、さっさっと伸ばしていくやり方ですね。
さっそく、油絵具は持っているのでトライしてみました。

ミリタリーフィギア-3
ドラゴン製のドイツ歩兵ですが、濃い色から順に薄い色にブレンディングしていきましたが、
明暗をうまく出せずしかも肌色が、ドイツ人に見えなくなっちゃいました。
なんか、目だけが妙にリアルですが。寄り目です。
表面も少しコテコテで、塗料が、濃すぎたのかもしれません。
下地は、水性のダークイエローを塗りました。

次は、下地をラッカーのオキサイドレッドにして同じように塗ってみました。
ミリタリーフィギア塗装-5
こちらは、少し赤ら顔で、生気がない感じです。う~ん難しい。

下地によってかなり雰囲気が変わります。
次は、下地の色を普通に、水性の肌色としてみました。
ミリタリーフィギア-2
おっと、だいぶ雰囲気が出てきたような、気がします。
ドイツ兵を塗るときの、下地は、フレッシュが合いそうな気がします。
それと、使っているイエローを、カドニュムイエローに変えてみました。
ただ、最後に白を使ってしまい、しかも濃いようで、汚くちょっと弱々しい感じです。

次も、肌色下地で、トライ。
ミリタリーフィギア-4
今度は、ブレンディングじゃ、無くなってきちゃいました。
なかなか、思ったように、繊細に塗れませんね。

まっ、なんでもそうですが、そんなに簡単に、いかないところが面白いわけで
もっともっと、トライして、失敗を繰り返して上手くなっていきたいと思っているしだいです。

ミリタリーフィギア-7
今回、勉強になったのは、
・下地の色で、かなり雰囲気が変わる。
・まっ白は使わないほうが良い。
・塗料の粘度が濃すぎるとうまくブレンディング出来ない。
・カドニュームイエローは、いい肌色が作れる。
こんなところでした。

今回、テストで顔だけ塗ったフィギュアですが、ちゃんと服も塗ってビネットでも
作らないといけないですね。 ガンバリますね、会長。
スポンサーサイト

category: 製作記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikedameisaku.blog.fc2.com/tb.php/86-0e68e1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード