プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

鍾馗、ダンボー、Ma.K、61式戦車 

9月20日 池田迷作会定例会が
無事、終了致しました。
今回は、岐阜コクピットさんの シゲさん、ヨッシーノさんも
遊びに来てくれまして、大変楽しい定例会となりました。

シゲさんの積プラ処分市もありまして、
ウヒョウヒョ(アンちゃんの口癖)な、定例会となりました。
シゲさん、ヨッシーノさん、ありがとうございました。

それでは、持ち込まれました、作品のご紹介を、
鍾馗-12

イトウ副会長の 二式戦闘機 鍾馗Ⅱ型 丙 であります。
すでに、来年の展示会のサブテーマ「日本陸軍機」を、完成させられました。

鍾馗-14


鍾馗-13

パネルラインによって、違った銀色塗装をされています。美しいです。
サブテーマ参加者は、イトウさんに、続かなくてはいけないですね。頑張りましょう


次は、ワタさんの作品で、Ma.Kの女性兵士でしょうか。
Mak 女性-12

肌の色が、大変リアルで、美しいですね。
Mak 女性-11

一人でもこの存在感は、凄いです。


次もワタさんの、 ダンボー のジェイソンバージョン。
ダンボー1

「やって、しもた~・・・」みたいな、危なさと、さみしさが、伝わってきますね。

このチェンソーのリアルな事。戦車塗装の技術が生かされていますね。
でもチョット、怖いです。
ダンボー2




次は、小林会長の製作途中の 10式戦車のシャーシーですが、
10式戦車
テールを、フルに持ち上げて、おじぎポーズにも、フラットにも簡単に変えられるように
改造されています。 
フロントに、引張りバネで、車軸を固定してあり、車輪を、外に引っ張れば、自由にセット位置を
変えれるようになっております。このアイデアは、すでに15年も前に考え、使っておられる
そうです。  さすが、会長さんなのであります。
完成が、楽しみであります。



次は、ヨッシーノさんの、61式戦車です。
2014、岐阜コクピットさんで、展示してありました、作品ですが、
持ち込み頂けまして、みんなで、しっかりと見せて頂きました。
61式戦車-11

まじまじ、見せて頂くと本当に凄いのであります。
タミヤの61式と聞いてさらにビックリ
デティールアップも凄いですが、塗装技術、汚しといい、構図といい素晴らしいですね。
61式戦車-13


61式戦車-15


61式戦車-14


61式戦車-12


61式戦車-16

どこから見ても、カッコいいのであります。
池田迷作会、来年の展示会テーマは、「自衛隊」であります。
良き、お手本を見せて頂きました。
ヨッシーノさん、ありがとうございました。

展示会では、なかなか、細かくしっかりと作品を見るというのは、
実際には、なかなか、難しいのですが、定例会だと、素晴らしい作品を
目の前で、まじまじと、見れる機会が、このようにあるわけで、なんとも贅沢な時間を
過ごさせて頂いております。
このような、会場を提供してくださる会長様に感謝なのであります。
いつも、夜遅くまで、わいわい、とさせて頂きありがとうございます。会長。
スポンサーサイト

category: 定例会

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikedameisaku.blog.fc2.com/tb.php/63-e47f0f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード