プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

アートゼロ模型店、フェラーリ312T 

このところ、やっと暑すぎる日から、開放されつつ
ありますね。

今回は、アートゼロ模型店さんでの話題を。

アートゼロさんの常連さんであります、滋賀県の
(滋賀県から、わざわざ、揖斐までこられております)
タカハシさんの、作品を、ご紹介します。

池田迷作会第19回展示会にも、すばらしい
ポルシェのCカーを、展示下さいました。

今回は、出来たてほやほやの作品を、撮らせて頂きました。
312T6マルイ
こちらの美しいF1は、フェラーリ312Tです。が、驚いたのは、
・・・・

1/24、しかも、マルイ製であります。

え~、マルイと言う事は、私が子供のころに作った、
あのモーターライズのプラモじゃないですか。
こんなにかっこよかったですか?
さらに、ボディを外して、さらにビックリ!
電池が入るスペースは?どこえやら。
312tマルイ
なんと、エンジンから、なにから、なにまで再現されております。
ありえな~いという事で、詳しく写真を撮らせて頂きました。


312T11マルイ 312T15マルイ
エンジン周りですが、1/24ですよ、パーツ出てないでしょ。
ゼロの店長さんのハセガワ1/20を参考にされたそうですが、
凄すぎます。

無いパーツは、自作したり、いろんなところから探したり
又、1/20のパーツを転用したりとかで、苦労されたそうです。

312T12マルイ 312T9マルイ

312T8マルイ 312T16マルイ
コクピット周りですが、私、肉眼で、ヒューズとか見えませんよ。
恐ろしい、なんという集中力と精神力なのでしょうか。


312T14マルイ 312T13マルイ
タイヤ、ホイール周り、バラストらしき物も、付いています。
312T10マルイ
フロントカウルも外せちゃうんですね。ドンダケ~。

312T2マルイ

312T3マルイ
これだけ中身を再現していても、カウルが、ピッタリ収まります。
すばらしい、テクニックであります。

くどいようですが、再度、言いますが、この作品は、
あの、何十年も前のマルイ製、モーターライズの
プラモデルなのです。
タカハシさんは、F1は、1/24スケールが、
一番好きなのだそうです。が、いかんせん、
現在は、プラモ本体も少なく、さらに、ディールアップパーツ
もほとんど出ていないのではないでしょうか。
さらに、デカールは、どうしたの~であります。

しかし、アートゼロの店長さんの、そばには、すごい人が、
集まって来ますね。
ゼロの店長さんといい、タカハシさんといい、
これだけ、精密に作られるのは、なんなんでしょうね。
指先が、器用なだけでは、ないでしょうね。
まるで、マジックのようであります。

この作品は、アートゼロさんに飾ってありますので、
見られたい方は、ゼロさんに来て頂ければ、見る事が出来ますよ。

実は、もう一台、タカハシさんが、3年ほど前に作られた、
フェラーリC2(F1)1/24 プロター製の写真も
撮らせて頂きましたので、次回、お楽しみに。
スポンサーサイト

category: タカハシさんの作品

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikedameisaku.blog.fc2.com/tb.php/33-b1a096fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード