プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

フェラーリFXX、ダットサンフェアレディ2000、陸上自衛隊ジオラマ 

いよいよ、池田迷作会 第21回 展示会が、近づいてまいりました。

2015年 7月5日(日) 池田町中央公民館 第3会議室にて
AM10:00~PM5:00まで
入場無料


今年のテーマは、「自衛隊」であります。

もう残り 約1ヶ月と2週間となりました。
迷作会の皆さん、後もう一頑張り致しましょう。

という事で、今回は、小林会長の作品のご紹介を、

まずは、 タミヤ 1/24 フェラーリFXX です。
フェラーリFXX-1

黄色のボディが、大変綺麗ですね。

フェラーリFXX-3

フェラーリFXX-6

フェラーリFXX-8

フェラーリFXX-7
エンジンの赤いラインは、筆塗りだそうですが、なんでこんなに綺麗に塗れるのでしょうか
会長、さすがです。

いづれにしても、こちらのFXXも、たった1ヶ月で、仕上げられております。
素晴らしいですね。

フェラーリFXX-5

フェラーリFXX-4

フェラーリFXX-2


次は、 フジミ ダットサン フェアレディ2000を、

フェアレディ2000-1

フェアレディ2000-2

いや~綺麗ですね。 元祖フェアレディ。 なんか昔の車は、個性があってカッコいいです。



次は、ミツワミッドレーサー の ニコン パジェロ、ワコールトヨタ、MID2000パジェロ、ワコールトヨタ-1

パジェロ、ワコールトヨタ-2

ナイトライダー-1
会長、こんなのも、持ってらしたんですね。
チョロQみたいに、バックさせると、走っていきます。
写真を撮ろうとして、ブースに置いてカメラを覗いたら、そこにいませんでした。



最後に、会長の今回の大作!
「自衛隊」のジオラマの一場面を、

自衛隊ジオラマ

バイクにまたがった、自衛隊員が、何かの景色を眺めています。
木の葉は、全て紙をデザインナイフで、カットして作られています。
大変な数の葉ですが、落ち葉も含めて、千枚近く、カットされたそうです。

会長、また、肩が痛くなりますよ!ガンバリすぎないで下さいね。

こちらの会長の大作の全容は、是非とも展示会で見て頂きたいですね。

さあ、迷作会の皆さん、会長を見習ってガンバリましょうね。

会長、お疲れ様です。

スポンサーサイト

category: 小林会長

零戦22型、ナースホルン、ザク、ブラボーワン 

5月16日に、池田迷作会 定例会がございました。

今回は、7月5日の第21回 展示会のレイアウト方法や宣伝の仕方等
色々と、話し合いがあり、有意義な会合となりました。

また、今回は、久しぶりに副会長のヒロナリさんが来てくださいました。
ブラボーワンという、建築模型のお仕事を立ち上げられたばかりで
このところ大変忙しいさなか、来ていただき、本当に嬉しかったですね。

それと、体調復帰され、タンゲさんも来て頂き、ほっとしております。

それでは、今回の定例会に持ち込み頂きました、作品をご紹介致します。

まずは、コウちゃんの最新作、 タミヤ 1/48 三菱艦上戦闘機 ゼロ戦22型です。

零戦22型-2

零戦22型-3

零戦22型-4

零戦22型-5

零戦22型-1
しっかり、丁寧に作られていますね。 カッコいいですね。
22型は、なにかバランスもよく美しいのであります。
勉強になります。


次は、名古屋のナベさんの、
タミヤ 1/35 ナースホルンですね。
ナースホルン-7
ナベさん、得意の 冬季迷彩です。

ナースホルン-3

ナースホルン-2

ナースホルン-4

ナースホルン-5

ナースホルン-8

ナースホルン-9

ナースホルン-6
さすが、ナベさんであります。冬季迷彩、兵隊さんの迷彩、汚し、素晴らしいですね。
勉強になります。


次も、ナベさんの作品で、 ザク です。 しまった 何ザクか忘れてしまいました。
ナベさん、ごめんなさい。
わかる人には、わかるでしょう。
ザク-1

ザク-3

ザク-4

ザク-5

ザク-6
小さいサイズですが、迫力が、ありますね。


次は、ヒロナリさんの 建築模型 「ブラボーワン」 の見本作品を
見せて頂きました。

「こんなのやってます。」と見せて頂きました。「仕事の見本だから」
との事でしたが、 素晴らしいので、無理やり写真を撮らせて頂きました。
すみません、ヒロナリ副会長
建築模型-2

建築模型-3

建築模型-4

建築模型-1
ヒロナリさんは、私ポルが、迷作会に入会したころによく言ってみえました。
「ひとつのジャンルの物を上手に作る人は、なにを作っても上手だよ」と
おっしゃる通りですね。 AFVの師匠 ヒロナリさん。
「ブラボーワン」のお仕事、お忙しいですが、 ヒロナリさんのミリタリー作品も久しぶりに
見たいですね。 7月の展示会には、過去作でいいので、持ってきてくださいね。

今回の定例会では、小林会長の作品もございましたが、数点ありますので
次回に、まとめてアップ致します。
会長、ちょっと待ってて下さいね。 

category: 定例会

イージス艦こんごう、BMW750iL 

2015年 池田迷作会 第21回展示会は、
7月5日(日曜) 池田町中央公民館 第3会議室で
午前10:00~午後5:00 入場無料

でございます。

残り1か月と半分となってまいりました。
迷作会委員の皆様、もうちょいです。ガンバリましょう。



やっと会長様のイージス艦の写真を撮る事が出来ました。
アップさせて頂きます。

イージス艦 こんごう-2

ハセガワ 1/700 海上自衛隊護衛艦 こんごう ですね。
フルエッチングのようです。
イージス艦 こんごう-1
海面を力強く走る こんごう を再現されてますね。

イージス艦 こんごう-4

イージス艦 こんごう-3

イージス艦 こんごう-6 イージス艦 こんごう-5

イージス艦 こんごう-7
よくよく見るとエッチング部品が、沢山付いてますね。
さすが、会長であります。1/700のこの細かなエッチングを綺麗に組まれてますね。
勉強になりますが、私だと、かなりの部品が、くちゃくちゃになっちゃいそうです。

イージス艦 こんごう-9

イージス艦 こんごう-11

イージス艦 こんごう-10

イージス艦 こんごう-12
素晴らしいですね。
私も会長のように、海の上を走る艦船をうまく表現してみたいものであります。


次は、私は、プラモを作り出して9年ほどになりますが、初めて見ました、
フジミ BMW750IL を会長が作られました。

BMW750iL-1.jpg

BMW750iL-5.jpg

BMW750iL-.jpg

BMW750iL-4.jpg

BMW 7シリーズといえば、大変な高級車で、私は実物も見た覚えがありませんが、
会長さんは、昔、仕事(社用車)で乗ってみえたそうです。
なんというリッチな会社にお勤めだったんですね。
プラモデルは、昔(過去)を思い出させてくれたりと、脳に刺激になる部分も
あり、本当にいいですね。
私も、昔乗っていたカーモデルを作ってみたいと思いました。
私が、乗っていた車で、思い入れのある車は、日産サニークーペ1200GX5
なのですが、 ハセガワさん、トラックばかり出さないでGX5出してくださいよ~
と叫んでいる今日このごろであります。
出たら、すぐ買います。

category: 小林会長

展示会告知、ミリタリーフィギュアの塗り方を考える 

ゴールデンウイークも、私ポルの場合は、後2日だけとなりました。
このところ溜め込んでいた、キットをがんばって作りきるど~と
思いながら休みに入りましたが、なかなか思ったようには進みませんね。

迷作会のみなさん、いよいよ大詰めとなってまいりましたが、
作っておられるでしょうか?。 がんばりましょう。


という事で、

2015年 池田迷作会展示会の開催日が、決定致しました。

7月5日(日曜日) 岐阜県揖斐郡池田町 中央公民館 第3会議室にて
午前10:00~午後5:00まで  入場 無料 であります。

テーマは、「自衛隊」であります。
ですが、テーマ作以外の作品も沢山出そうですね。


プラモが、お好きな方は、どしどし見にきて頂きたいところですね。
会員の皆様、いよいよです。宜しくお願いします。
7月ですと、冷房が使えるので、ちょいと、気持ちの良い展示会となりそうですね。


それから、今月5月の定例会は、16日(土曜日、夜8時~、会長宅で)
となりましたので、会員の皆様、ご参加宜しくお願い致します。
持ち込み作品ありましたら、宜しくお願い致します。

展示会と、定例会の告知は、ここまでで、
今回は、私ポルが、今、一番悩んでいる、
ミリタリーフィギュアの塗り方について考えたいと思います。

このところ、戦車をちょこちょこと、作りだしましたので、
やはり戦車には、フィギュアも乗せたいと、
先日、作ったパンターGにも戦車兵を乗せてみました。
ミリタリーフィギア塗装-6

この戦車兵は、ボディ-は、タミヤで、お顔は、ドラゴン製です。
顔の塗装は、油絵具を使用していますが、筆のタッチが荒く残るような
塗り方をしております。 写真が見にくくて申し訳ありません。

本当は、もっと柔らかい表情としたかったのですが、少し険しい表情となってしまいました。
なかなか、思ったように、塗れないものでありますね。

じょうずな方のフィギュアを拝見しますと、よくもこんなに小さな顔を
綺麗で表情豊かに塗れるものだと、いつも関心致します。

という事で、私ポルは、近頃は、ユーチューブを色々見てお勉強を致しているしだいであります。
その中で、今一番気になっている塗り方は、「油絵具のブレンディング」であります。

油絵具をちょこっと塗って、乾いた筆で、さっさっと伸ばしていくやり方ですね。
さっそく、油絵具は持っているのでトライしてみました。

ミリタリーフィギア-3
ドラゴン製のドイツ歩兵ですが、濃い色から順に薄い色にブレンディングしていきましたが、
明暗をうまく出せずしかも肌色が、ドイツ人に見えなくなっちゃいました。
なんか、目だけが妙にリアルですが。寄り目です。
表面も少しコテコテで、塗料が、濃すぎたのかもしれません。
下地は、水性のダークイエローを塗りました。

次は、下地をラッカーのオキサイドレッドにして同じように塗ってみました。
ミリタリーフィギア塗装-5
こちらは、少し赤ら顔で、生気がない感じです。う~ん難しい。

下地によってかなり雰囲気が変わります。
次は、下地の色を普通に、水性の肌色としてみました。
ミリタリーフィギア-2
おっと、だいぶ雰囲気が出てきたような、気がします。
ドイツ兵を塗るときの、下地は、フレッシュが合いそうな気がします。
それと、使っているイエローを、カドニュムイエローに変えてみました。
ただ、最後に白を使ってしまい、しかも濃いようで、汚くちょっと弱々しい感じです。

次も、肌色下地で、トライ。
ミリタリーフィギア-4
今度は、ブレンディングじゃ、無くなってきちゃいました。
なかなか、思ったように、繊細に塗れませんね。

まっ、なんでもそうですが、そんなに簡単に、いかないところが面白いわけで
もっともっと、トライして、失敗を繰り返して上手くなっていきたいと思っているしだいです。

ミリタリーフィギア-7
今回、勉強になったのは、
・下地の色で、かなり雰囲気が変わる。
・まっ白は使わないほうが良い。
・塗料の粘度が濃すぎるとうまくブレンディング出来ない。
・カドニュームイエローは、いい肌色が作れる。
こんなところでした。

今回、テストで顔だけ塗ったフィギュアですが、ちゃんと服も塗ってビネットでも
作らないといけないですね。 ガンバリますね、会長。

category: 製作記

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード