プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

飛燕 日本陸軍機 

もう、12月になろうとしています。
どんどん、寒くなってきますね。
風邪をひかないように、注意しなければいけませんね。
先週は、オートモデラーの集い 名古屋 2014に
行かせて頂きまして、素晴らしい作品を沢山見せて頂きました。

帰ってきましたら、会長から、メールがありまして、
「飛燕、できたぞ~ っと」会長
「え~っ、まだ先日バイクが、出来たばかりじゃないですか?」ポル
「近日、写真を撮りに行きます」と約束しましてさっそく、写真を撮らせて頂きました。

飛燕-1

飛燕-2
「えっ、会長、  飛燕が空を飛んでいるじゃないですか?」
というのは、大げさですが、
タミヤ 1/48 日本陸軍戦闘機 飛燕 が、あたかも大空を飛んでいるように見えます。

飛燕-4
バックの空を、ご自分で描かれまして、パイプで、飛燕を繋がれています。
プロペラは、マイクロモーターを内蔵し、回るように改造されています。
パイプの中に配線を通し、絵の裏側に、電池をセットしてあります。
モーターの回転も、ニクロム線の抵抗を利用して、回転数を下げて、よりリアルに
見えるようにされていました。 さすが、会長であります。
飛燕-3
「アイデア賞、もらえるかな!」っと会長、言っておられましたが、「差し上げます」っと、私。
そんな、会話をしておりました
飛燕も、日の丸やストライプは、全て塗装で描かれています。
まだら模様は、難しいと思いますが、会長は、あっさりと描かれますね

飛燕-6

飛燕-11

飛燕-7

飛燕-12
飛行兵も、しっかりと描かれていますね。
上空は、寒いので、唇が、紫がかっているように見えます

飛燕-14
水平飛行!

飛燕-15
上昇中!

いろんな、形で、ディスプレイ出来るところもいいですね。
飛燕とパイプの連結部分は、機体内部をプラ板で積層して、強度を持たせてあるそうです。
ですから、かんたんに、姿勢を変えられるそうです。

いや~、素晴らしい作品を見せて頂きました。会長ありがとうございました。
また、勉強させて下さい。
しかし、超ハイペースですので、又、肩が挙がらないよ~みたいに
ならないよう気を付けて下さいね。 会長。

来年のサブテーマ「日本陸軍機」が、続々と出来上がってきていますね。
私も、97戦を、作りかけていますが、がんばらないといけないですね。

っと、写真撮影を終わろうとしたら、テーブルの上に、なにやら、ごちゃごちゃと、
自衛隊員-1
「会長、どんだけ、自衛隊員を作っているんですか!」
これらのフィギアは、メインテーマの「自衛隊」のジオラマに使用されるそうです。
しかし、これだけの、迷彩塗装を、短期間に、 いや、恐れ入りました会長。
スポンサーサイト

category: 小林会長

オートモデラーの集い 2014 名古屋 

2014年11月23日
オートモデラーの集い in 名古屋へ行ってまいりました。
素晴らしい作品が、いっぱいで、ドキドキな一日でした。

しかし、その一昨日には、長野で大地震。
突然、携帯が、大音量で鳴り出し、「警戒警報!」
テレビでは、「岐阜県に大きな揺れが来る恐れがあります。注意してください!!」
「えっ、いつ来るの? プラモどうしよう!」 「バタバタ、ドキドキ!」
「いや、プラモよりも家族だ!」「バタバタ ドキドキ!」
していたら、すでに、10分ほど経過。 結局、揺れはゼロでしたが、
なんだか、ドキドキな、連休となりました。

突然話は戻り、オートモデラーの集い2014名古屋 の、模様を、
光量が、足らず、カメラの絞りを解放で、撮ってしまった為、
ボケボケ写真となってしまいました。展示会写真は、むずかいいです。

オートモデラー2014-70 オートモデラー2014-26

トヨタ博物館、左の建物が、博物館で、右の建物の中で展示会がありました。
会場内は、ギャラリーでいっぱいで、離れると、作品が、まったく見えません。
凄いのであります。作品数も、台数でいえば何百台でしょうか、
さすがに全ては撮れませんでしたが、素晴らしい作品群を、伝えられたらと、

オートモデラー2014-8 オートモデラー2014-28

オートモデラー2014-1 オートモデラー2014-2

オートモデラー2014-5 オートモデラー2014-3

オートモデラー2014-6 オートモデラー2014-71

オートモデラー2014-13 オートモデラー2014-10

オートモデラー2014-9 オートモデラー2014-11

オートモデラー2014-17 オートモデラー2014-15

オートモデラー2014-19 オートモデラー2014-21

オートモデラー2014-18 オートモデラー2014-12

オートモデラー2014-24 オートモデラー2014-22

オートモデラー2014-25 オートモデラー2014-23

オートモデラー2014-31 オートモデラー2014-33

オートモデラー2014-32 オートモデラー2014-61

オートモデラー2014-65 オートモデラー2014-64

オートモデラー2014-63 オートモデラー2014-62

オートモデラー2014-34 オートモデラー2014-29

オートモデラー2014-38 オートモデラー2014-27

オートモデラー2014-35 オートモデラー2014-45

オートモデラー2014-37 オートモデラー2014-36

オートモデラー2014-50 オートモデラー2014-43

オートモデラー2014-47 オートモデラー2014-49

オートモデラー2014-46 オートモデラー2014-55

オートモデラー2014-53 オートモデラー2014-57

オートモデラー2014-30 オートモデラー2014-68

オートモデラー2014-69 オートモデラー2014-66

オートモデラー2014-60 オートモデラー2014-58

オートモデラー2014-52 オートモデラー2014-67
もっと、もっと沢山の素晴らしい作品がありましたが、残念ながら、全ては、撮れませんでした。
しかし、皆さん、凄いですね。まさに アートですね。勉強になりました。


最後に、ちゃっかりと、私ポル、ヤスさん、ハタさんもフリー参加させて頂きました。
オートモデラー2014-39   オートモデラー2014-40

オートモデラー2014-42 オートモデラー2014-41
又、来年も楽しみですね。皆さん頑張って下さい。ありがとうございました。

category: オートモデラーの集い

D51蒸気機関車、MA.K傭兵宇宙パイロット、メルセデスベンツDTM 

昨日、池田迷作会第2回定例会に参加してきました。
皆さん、お仕事やら、重なって参加人数が、少なかったですが、
今回は、名古屋のワタさんも、参加して頂けまして、ありがとうございました。
会長、お疲れ様でした。いつもありがとうございます。

私は、ヤスさんと写真の話で、盛り上がっておりました。
実際、ブログにプラモデルの写真をアップするのに、
少しでも、見やすく綺麗に撮りたいわけで、素人ながら、必死に?撮っております。
ヤスさんも、一眼レフを持っているので、どんな、レンズがいいのか、
どんな、グラフィックソフトがいいのかみたいな話でした。
が、いづれにしても、カメラに使うお金もなく、いかに安くみたいな話でしたが。

でっ、今回、定例会に持ち込んで下さった作品を。まずは、会長が作られました デゴイチです。
アリイ 1/50 D51蒸気機関車のナメクジと言われていた、タイプですね。
D51 蒸気機関車-2

D51 蒸気機関車-3

D51 蒸気機関車-7 D51 蒸気機関車-6

D51 蒸気機関車-8 D51 蒸気機関車-5
この煙突の後ろの形状から、「なめくじ」と言われたのですね。
なぜ、こうなっているのか、私はわかりませんが、イカしてますね。

次は、通常の D51蒸気機関車です。
D51 蒸気機関車-14
会長!すみません! 先頭輪が、脱線してました。
写真を撮るときは、まず被写体の状態を、しっかり確認するのが、基本ですが、
ど素人らしさが、おもいっきり出てしまいました。 反省致します。
前回の、フェアレディZは、埃まるけでしたしだめですね

D51 蒸気機関車-12
上からなら、わかりませんね。 って、  そういう問題じゃないですね。

D51 蒸気機関車-11 D51 蒸気機関車-13
しかし、素晴らしい出来ですね。これで、会長は、アリイの1/50蒸気機関車を
全制覇したのでは、ないでしょうか。 お疲れ様でした。会長。


次は、ワタさんの、Ma.K 1/20 傭兵軍女性宇宙パイロットを、
Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-1 Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-3

Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-4 Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-5
しかし、ワタさん、女性の塗りが、上手ですね。
肌色が、とっても自然です。聞きましたところ、このキットは、レジンなのですが、
サーフェーサーは、吹かず、下地は、クリヤープライマーで仕上げて、
レジンの元色を、うまく使っているそうです。なるほど勉強になります。

Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-7 Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-8
やはり、ポイントは、目ですね。 向いている方向、瞳の大きさ、
まずは、ここでしょうが、何度も、塗り直したそうですが、ゼロさんで、目を塗っている
ところを、見せて頂きましたが、筆で、えらく手早く塗られておりました。
すばらしいですね。うらやましいので、あります。

Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-16 Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-15

Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-14 Mak 傭兵軍女性宇宙パイロット-12
持ち込みありがとうございました。ワタさん。

次も、ワタさんの作品で、ザクですか!? ごめんなさい、名前聞いてなかったです
私、相変わらず、ガンダム系のキャラ名が、わかりません。ゴメンナサイ。ワタさん。
ザク-2

ザク-1 ザク-3
ワタさん談、「これは、昔の塗り方だけど、若い人にわかるかな~」って
言っていました。 グラデーションの出し方が、昔の方法だそうです。

最後に、私ポルの、フジミ 1/24 AMGメルセデスベンツ Cクラス DTM’94です。
やっと、出来ましたが、色々失敗してます。特に磨き行程で、メタリックの下地を、
出してしまいました。うまく修正出来ずと、なりましたが、まっこれも勉強ですね。
AMGメルセデスベンツDTM-3
特に、触ったのは、グリル抜きと、タイヤの位置関係くらいです。
AMGメルセデスベンツDTM-2

AMGメルセデスベンツDTM-1
屋根から、フロントウインドウにかけての、黒ラインは、ビニール系のマスキングテープに
色を塗って貼ってみましたが、すぐに、剥がれるかもしれませんね。

まっ、色々、トライして、失敗して、上達するしかないですね。
怖がらずに、なんでもやってみたいと思っているしだいであります。

来週は、名古屋のトヨタ博物館でオートモデラーズの集いが、御座いますので
見させて頂き、また、勉強させて頂きます。

category: 定例会

フェアレディZ S30 改 

2014年 池田迷作会の第2回定例会は、

11月15日(土) 夜 8:00~ 会長宅で開かれます。

迷作会の皆さん、参加宜しくお願い致します。


今回は、私ポルが、今年の展示会で出品させて頂いた、
ハセガワ 1/24 フェアレディZ 432 を少し改造した作品のお話を、
フェアレディZ30改-3
会社の後輩から、「S30 Z を作って下さい」と、頼まれまして
「君、若いのに S30が、好きなのかい?」 「いいね~」の流れで
軽く、製作承諾してしまいました。

「でっ、どんなの?」と聞いたら、「スターロードというチューンナップショップのZを!」
という事で、写真を見せてもらったら、「スゲー、かっこいいじゃない、でもこんな
かっこいい顔したZは、プラモで売ってないよ
と言ったら、「え~出来ないいんですか~残念です。」っと

ここは、かわいい後輩の為なので、「しかたない、じゃやってみるよ
てな、流れで、作らして頂きました。
フェアレディZ30改-4
そっくりには、出来ないので、雰囲気だけでもと思い、グリルとチンスポイラーを
プラ板とプラ棒を使って作成しました。後は、前バンパーを外したところを
プラ板でふさいだくらいの改造となりましたが、まま、雰囲気は、出たかなと。
フェアレディZ30改-2
ホイール、タイヤは、アオシマのヒッパリで。さすがに、スターロードさんのホイールは
無いので、ロンシャンのホイールを履きました。

車体ベースは、ハセガワか、フジミかで悩みましたが、ハセガワのほうがリアルに
感じたので、ハセガワをチョイスしました。
フェアレディZ30改-9 フェアレディZ30改-8
色は、GXブルーメタリックに、色の源シアンを適当に混ぜて作りました。
写真が、埃まるけで、残念ですが、お嫁入りしてしまったので、撮り直しが
出来ませんでした。

フェアレディZ30改-12
やっぱり、S30 かっこいいですね。ハコスカもかっこいいし、とにかく国産、60年~70年代は、
最高ですね。
でも、実車は、ハンドルの重たいったら(固いと言ったほうがいいかな)。
停止状態から、ハンドルきろうとすると、ハンドルが、しなりました。
実は昔、私、ノーマルでタイヤだけ太いS30を所有していた事が、ありましたので、
懐かしいのであります。 しかし、今の車は、本当に楽で、よく走るのであります。
フェアレディZ30改-6
しかし、このキットは、よく雰囲気出ています。今度は、自分用に、もう一台作ろうかと
思っているしだいであります。

category: 製作記

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード