プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

モーレツ宇宙海賊 弁天丸 

いよいよ、プラモが、作りやすいシーズンとなってきましたね。

迷作会のみなさん、プラモ製作、楽しんでますか~
でも、この秋シーズンというのは、会社も期の変わり目だったり
運動会やら、お祭りがあったりして、なにかと忙しいシーズンでは、ありますね。

迷作会の皆さん、忙しい隙間を狙って、プラモ作成ガンバリましょう。

今回は、コウダ会員から、「弁天丸出来たよ。」と連絡がありましたので、
飾ってあります、河村模型さん(迷作会事務局)に写真を撮りに行ってきました。
弁天丸-8
ハセガワ 1/1300 モーレツ宇宙海賊 弁天丸(最終話バージョン)です。
河村模型のおばさんと、ヤナイマさんに、撮影の照明を手伝って頂きました。
写真も、光を付けて少し雰囲気を出してみました。

弁天丸-7
こういった、宇宙船は、暗めに写真を撮ったほうが、雰囲気出ますね。
かっこいいですね。

しかし、私目、この、モーレツ宇宙海賊 というのを、見た事がないのですが、
こういったカッイイ戦艦(海賊船)が、出てくるのですね。一回見てみたいのであります。
弁天丸-6
コウダさん、前の展示会にも、弁天丸を出展されていたので、
最初見たとき「えっ、又同じもの作ったの?」と思いましたが、
前のは、違うバージョンだったんですね。
弁天丸-5
模型屋さん内の雰囲気を出した一枚を、バックには、ガンプラが一杯、右のほうには、
カーモデルが、見えます。 
弁天丸-4

弁天丸-3

弁天丸-2
かっこいいですね。 青いライトのような物が、ワンポイントになっていますね。

私の世代では、やはり宇宙物といえば、 スターウォーズ でしょうか。
スターウォーズのプラモデルは、以前から出ていますが、私は、まだ作った事が、
無いのであります。この弁天丸を見てたら、なにか、一つ作ってみたいと思いました。
今度、一回トライしてみよかな、っと、思っているしだいであります。

スポンサーサイト

category: コウダさんの作品

ブラバムBT44B、F14Aボムキャット 

朝晩が、急激に寒くなってきました。
昼は、まま、暖かいですが、朝が、寒くなってきましたね。

迷作会では、会長さんが、頑張って、作っておられますが、
他のメンバーさんは、どうでしょうか?

コウダさんからは、新しく、作品が出来たよ。と、連絡ありましたので
写真を撮りに行きますね。他のみなさんも頑張って下さいね。

今回は、アートゼロの店長さんの作品をご紹介します。
お客さんからの依頼作ですが、依頼主にお願いしまして
撮らせて頂きました。

まずは、 タメオ 1/43 ブラバムBT44B です。
ブラバムBT44B-11
写真だけ見ると、タミヤの1/12かと思うほどの出来であります。
実際には、全長8センチくらいでしょうか。

ブラバムBT44B-17
このブラバムは、私が、中学生のころでしょうか、タミヤの1/12を買って作った思い出が
あり、この真っ白なボディーに、マルティーニラインが、大変似合っていて、
そのころの私の中では、一番好きなF1だった事を思い出しました。

ブラバムBT44B-13
この三角ボディーが、大変個性的で、カッコいいですね。
まっ、これは、個人の好みですが、

ブラバムBT44B-14
タメオ、メタルキットで、BT44があるのですね。私は、初めて見ましたが、
店長さんが、作成しているのを見て、気になってしょうがなかったですね。
こんなに、綺麗には、自分では、出来ないですから、作って頂いたお客さんが、
うらやましいのであります。真っ白で、艶々すぎて、写真を撮るのが、難しかったです。
もし、タミヤの1/12が手に入ったら、又、作ってみたいのであります。


次も、お客さんの依頼作で、
フジミ 1/72 F14A ボムキャットです。トムキャットでは、ないのですね。
F14Aボムキャット-2

F14Aボムキャット-8

F14Aボムキャット-9

F14Aボムキャット-10
淡く、色むらを付けておられます。
墨入れは、あえて入れておられません。 でも、かっこいいのであります。
私は、汚しでごまかさないと、基本塗装だけでは、なかなか、カッコよくならないのですが、
店長さんは、やっぱり違いますね。

F14Aボムキャット-6 F14Aボムキャット-7

写真を、撮り終わったと思いましたら、
店長さんが、「このキットは、翼が、可変式になっていますよ。」との事で、びっくりしました。
私も、ハセガワの 1/72 トムキャットを作った事がありますが、固定式でしたので、
急ぎ、カメラを取り出して撮らせて頂きました。
F14Aボムキャット-11

F14Aボムキャット-13

F14Aボムキャット-14 F14Aボムキャット-12
汚れた、机の上で、申し訳ありません。店長さん。

しかし、汚し塗装をしてなくても、こんなにかっこよくなるものなんですね。
やはり、基本組立、基本塗装が、しっかりしていると、それだけで、存在感が、違いますね。

以前、店長さんは、メーカーさんからの製作依頼も受けていたそうで、
商品ディスプレイ品等では、そんなに、汚したり、ディテールアップは、出来ないとの事で、
そういった、お仕事(製作)では、基本組み、基本塗装だけで、綺麗にカッコよく
見せないといけないとの事です。

確かにそれが、一番、テクニックが、いるのではないのでしょうか。

楽しいプラモデルですが、仕事で、製作するというのは、
簡単な事では、ないですね。依頼品のなかには、滅多に手に入らない
キットもありますから、失敗が許されませんしね。

大変ですが、これからも、がんばって下さい。アートゼロ店長さん。

category: アートゼロ

ドゥカティ 1199パニガーレS 

またまた、大きな台風が、近づいていますね。
今度は、岐阜県西濃地方も、直撃となりそうな、予報が出ています。

家が、雨漏りして、山積みの(そこまで無いですが)プラモが、
濡れてしまったら、どうしようと心配しております。

なんて、一番にプラモの事を心配している場合では、ないですね。
でも、心配です。

ところで、先日、といっても2日前ですが、小林会長から、ご連絡がありまして
「おーい、 ドゥカティ 出来たぞ~」と、

「えっ、2週間前には、まだ箱状態だったのに、もう出来たんですか?」
って事で、写真を撮らせて頂きました。

ドゥカティ1199バニガーレs-1
ウヒョー、カッコいいですね、会長!
なるべく、プラモの箱絵に近いアングルで撮った1枚です。
今年出た、 タミヤ 1/12 ドゥカティ1199パニガーレS です。

箱には、バニガーレと書いてありますが、 パニガーレとも
検索できますし、どっちが、本当の発音に近いのですかね?
〈訂正〉 箱絵をしっかりみたら、パニガーレとしっかり書いてありました。
私も、もう老眼ですかね。訂正致します。

いづれにしても、たったの2週間で、この出来栄えは、驚異的であります。
ドゥカティ1199バニガーレs-8
フロントフォークは、オプションの金属パーツは使われていません。
会長さん、金属表現さすがでございます。
フェンダー(どろ除け)には、会長お得意のカーボン柄塗装を、配されています。
ヘッドライトは、上部に青みを付け、実車感を出されています。

ドゥカティ1199バニガーレs-4


ドゥカティ1199バニガーレs-3

ドゥカティ1199バニガーレs-2
このバイクは、フレーム、どうなっているんでしょうかね。
サイドカウルを外して撮るのを忘れていました。
しかし、カッコいいのであります。 自分も買おうかなっと思いました。
もちろん、プラモをですが、

ドゥカティ1199バニガーレs-6
綺麗なのであります。

ドゥカティ1199バニガーレs-9
しかし、このドゥカティの実車は、実際に、またがろうと思ったら、
多分、そうとう、右足を高く上げないと、乗れないのではないのでしょうか。
先日、アンちゃんの国産750スポーツバイクに、またがったのはいいけれど、
降りようと、右足を上げたら、足が攣りそうになりました
それよりも、テールが、跳ね上がっていますね。 まっ、乗り降りが簡単に出来ないような
体の固い人は、乗らないで下さいね。みたいな、敷居の高さを感じますね。


ついでに、小林会長が、10年ほど、前に作られたバイク作を、撮らせて頂きました。
ヤマハYZR500-7
ヤマハ YZR マルボロ です。

ヤマハYZR500-6
フェラーリ F2001 と一緒に作られたのですね。
10年以上も前の作品に見えないです。いまだに、艶々です。

ヤマハYZR500-2

ヤマハYZR500-4
バイクもF1も素晴らしいですね。
バイクが、メインか?、F1がメインか?てな感じですが、
実は、「マルボロ」が、メインなのですね。

10年前は、私ポルは、まだ、迷作会に入会していませんでしたし、
まだ、プラモを、作ってなかったですが、
会長さんは、もうこのころから、カーボン塗装にもチャレンジさていますね。
会長さんは、お若いころから実際に、大型バイクを、乗ってこられて
いましたので、バイク作品には、特に思い入れを感じますね。

いろいろ勉強させて頂いております。 会長。
これからもお体に気を付けて、ガンバッッて下さいね。会長
っていうか、実は、会長が、一番、お元気かもですが

category: 小林会長

ホンダ S800 情景 

先日は、過去最大級の台風が、接近してきましたが、
ここ、岐阜県揖斐郡では、雨は、降りましたが、意外に
強い風も吹かず、思ったより穏やかに、台風が、
過ぎ去っていきました。

しかし、火山は、水蒸気爆発するは、
台風は、過去最大級だとか、
なにか、温暖化と関係があるのでしょうかね

まっ、そんな中、気温も下がって過ごしやすくなり、
まっ、プラモ日和なのでは、ないでしょうか。



今回は、 小林会長の過去作をアップ致します。
今、会長は、来年展示会のテーマ「自衛隊」の
戦車を作成中だったり、サブテーマの「日本陸軍戦闘機」や、
少し前に出たタミヤのドカティーを製作されています。「これ楽しみ
さすが、会長、ペース上げていますね。


それでは、 ホンダS800 を使った 会長の情景作を、ご覧下さい。
ホンダS800-1
この作品は、会長が、4年前くらいに製作されたものです。

「待ってたぜ!彼女」  みたいなセリフが、浮かんできます。
S800は、タミヤ製で、綺麗な黄色で、仕上がっています。
フィギアは、タミヤのキャンパスセットを、男性は、改造して、
恰好を変えてありますね。 思いっきりカッコウつけてますね。
なんか、本当に、昔、いたような恰好です。
ですが、車が、オープンだからこそ出来るポーズですね。

ホンダS800-4
S800も綺麗ですが、横の土手でしょうか、土手に咲く花や草を
本当に素晴らしく、表現されています。
会長は、こういった情景表現が、本当にお上手で、勉強になりますが、
私には、まったく、真似が出来ません。さすが、迷作会長であります。

ホンダS800-5


ホンダS800-3
彼女は、ベスパに乗って、来ています。
彼氏は、 「そのベスパ、どこに置いておくんだよ!」 と、
心の中で思っているような、いないような。
いろんな事が、想像出来るところが、いいですね。

私も、こういった作品を作りたいですね。
でも、やっぱり難しいです。
「難しい、難しいと言っていないで、トライしなさい!簡単ですよ!」
と、言われている会長の顔が目に浮かびます。

頑張りますね、会長 

category: 小林会長

フェラーリF60、 ポルシェ911ターボ、P38ライトニング 

今回の製作期は、アートゼロさんで、一緒に製作されている
迷作会員さんの、製作途中をご紹介します。



最初に、タケさんの、タミヤ 1/20  フェラーリF60ですが、8割ほど完成に
近づいておられます。
フェラーリF60-1

フェラーリF60-3

フェラーリF60-2
いつも本当に、キッチリと綺麗に製作されますね。
面の美しさは、目を見張る物がありますね。
いつも、ヤスさんと、どうしてこんなに綺麗に出来るのですか~と叫んでます
完成が楽しみです。



次は、アンちゃんの タミヤ 1/24  ポルシェ911ターボです。
ポルシェ911ターボ-1

ポルシェ911ターボ-2
シルバー塗装、バッチリですね。
この時は、恐怖のマスキング地獄が終了し、セミグロスブラックを塗り終え
マスキングを剥がし終えたところでした。これから、ブラックのはみ出た部分や、
足らない部分をリタッチしていくところですね。
次の週に、リタッチ結果を見ましたが、お見事でした。



次は、ハタさんの、ハセガワ 1/48 P38ライトニングの製作途中です。
こちらも、もうすぐ完成ですね。
P-38ライトニング
ワタさんが、組み上げていくところを、いつも見させて頂いていますが、
このキットを、ねじれ無く、組んでいくのは、結構大変なのですね。
最終的に、キッチリ組まれていますね。素晴らしいですね。

ウイリアムズ FW08B
こちらも、ハタさんで、タメオ 1/43 ウイリアムズFW08B でしょうか。
後ろ4輪、前2輪の珍しいF1だそうです。
迷作会員の中で、現在 1/43のメタルキットにチャレンジしているのは、
今のところ ハタさん、だけですね。
私も、そのうちに一度は、チャレンジしてみたいです。

こちらも、完成が、楽しみですね。

河村模型さんや、アートゼロさんで、迷作会メンバーにお会いしてお話を聞きますと
テーマ作「自衛隊」の作品や
サブテーマの「日本陸軍機」も結構みなさん、進めておられますし、
ぞくぞくと、完成に近い作品も出来てきていますね。
迷作会のみなさん、プラモをしっかり楽しんで、
来年の展示会を盛り上げましょうね。

category: 製作記

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード