プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

アートゼロ模型店、フェラーリ312T 

このところ、やっと暑すぎる日から、開放されつつ
ありますね。

今回は、アートゼロ模型店さんでの話題を。

アートゼロさんの常連さんであります、滋賀県の
(滋賀県から、わざわざ、揖斐までこられております)
タカハシさんの、作品を、ご紹介します。

池田迷作会第19回展示会にも、すばらしい
ポルシェのCカーを、展示下さいました。

今回は、出来たてほやほやの作品を、撮らせて頂きました。
312T6マルイ
こちらの美しいF1は、フェラーリ312Tです。が、驚いたのは、
・・・・

1/24、しかも、マルイ製であります。

え~、マルイと言う事は、私が子供のころに作った、
あのモーターライズのプラモじゃないですか。
こんなにかっこよかったですか?
さらに、ボディを外して、さらにビックリ!
電池が入るスペースは?どこえやら。
312tマルイ
なんと、エンジンから、なにから、なにまで再現されております。
ありえな~いという事で、詳しく写真を撮らせて頂きました。


312T11マルイ 312T15マルイ
エンジン周りですが、1/24ですよ、パーツ出てないでしょ。
ゼロの店長さんのハセガワ1/20を参考にされたそうですが、
凄すぎます。

無いパーツは、自作したり、いろんなところから探したり
又、1/20のパーツを転用したりとかで、苦労されたそうです。

312T12マルイ 312T9マルイ

312T8マルイ 312T16マルイ
コクピット周りですが、私、肉眼で、ヒューズとか見えませんよ。
恐ろしい、なんという集中力と精神力なのでしょうか。


312T14マルイ 312T13マルイ
タイヤ、ホイール周り、バラストらしき物も、付いています。
312T10マルイ
フロントカウルも外せちゃうんですね。ドンダケ~。

312T2マルイ

312T3マルイ
これだけ中身を再現していても、カウルが、ピッタリ収まります。
すばらしい、テクニックであります。

くどいようですが、再度、言いますが、この作品は、
あの、何十年も前のマルイ製、モーターライズの
プラモデルなのです。
タカハシさんは、F1は、1/24スケールが、
一番好きなのだそうです。が、いかんせん、
現在は、プラモ本体も少なく、さらに、ディールアップパーツ
もほとんど出ていないのではないでしょうか。
さらに、デカールは、どうしたの~であります。

しかし、アートゼロの店長さんの、そばには、すごい人が、
集まって来ますね。
ゼロの店長さんといい、タカハシさんといい、
これだけ、精密に作られるのは、なんなんでしょうね。
指先が、器用なだけでは、ないでしょうね。
まるで、マジックのようであります。

この作品は、アートゼロさんに飾ってありますので、
見られたい方は、ゼロさんに来て頂ければ、見る事が出来ますよ。

実は、もう一台、タカハシさんが、3年ほど前に作られた、
フェラーリC2(F1)1/24 プロター製の写真も
撮らせて頂きましたので、次回、お楽しみに。
スポンサーサイト

category: タカハシさんの作品

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

河村模型店さん 

池田迷作会 第19回展示会も終わって、はや、2ヶ月経っております。
そろそろ、会員さんの、新作が、完成しているだろうと思い
カメラを持って、迷作会事務局の河村模型店さんに伺いました。
やはり、新作一番乗りは、会長さんでありました。

フォードザクスピードカプリ Gr.5ウルトであります。
フォードカプリ会長3h25,8
この車、まだ最近タミヤから出たばかりですね。
もう出来たんですね、会長。さすがであります。

しかし、白を綺麗に塗る事は、私にはむずかいいのですが、
会長さんは、やすやすと、塗られますね。素晴らしいです。
フォードカプリ会長2h25,8 フォードカプリ会長h25,8
昨年度、作った、私ポルのザクスピードを、ちゃっかり
隣に並べて、写真を撮らせて頂きました。
白、黒、そろいました

会長さん、バイクも完成されました。
エヴァRT零号機トリックスターkawasaki ZX-10R 
2012鈴鹿8耐仕様です。
フルネームは、大変長いですね。
エバ車会長h25,8
エバ車会長5h25,8
こちらは、製作期間、たったの2週間だそうです。早!
大変綺麗な、黄色ですね。黄色、白色いずれもモデラー泣かせ
だと思うのですが、会長さんは、いつもムラなく塗られます。
素晴らしいテクニックであります。
タンクの燃料供給パイプは、釣り糸を使用されたそうです。



次に、コウちゃんの、渋い作品を、
キューベルワーゲンですね。タミヤ1/35
コウチャンキュベールワーゲン3h25,8
コウチャンキュベールワーゲン4h25,8
作品プレートに力を入れてみました。との事ですが、
プレートもかっこよいですが、キューベルの
塗装も見事ですね。すばらしいです。

もうすでに、3作品がお目見えですが、
私も、頑張らなくてはいけませんね。

来年、第20回展示会は、テーマが、「フリー」ですが、
フリーであるがゆえに、何を作るのか、余計に悩んでしまいます。

さらに、「フリーでなるべく大きなスケール又は、大きな作品」
という、付録が付いております。

ウーン、色々考えちゃって、悩みますね。
私としては、フィギア作成は好きなので、ジオラマ
でも作りたいところですが、
IMG_2489.jpg 
IMG_2488.jpg IMG_2487.jpg

・・・・
情景が、浮かびません。 残念であります。

やっぱり、カーモデルにしようかなっと、思っております。

category: 河村模型店

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

キャラクターモデル第19回展示会 

第19回 池田迷作会展示会の最終回となりました。
ここまでお付き合い下さいました、皆様方、ありがとうございました。

今回は、キャラクターモデルとなります。

では、さっそく
コウダ君のクイーンエメラルダス号です。
大変綺麗な作品ですね。
クイーンエメラルダス号コウダ

キャラ3

コウダ君作、ハセガワ 宇宙海賊 弁天丸です。
こちらも大変きれいな、作品です。
宇宙海賊コウダ


アストレイレッドフレーム改コウダ ハンブラビコウダ
上の写真は、左が、アストレイレッドフレーム改。
右が、ハンブラビですね。
大変、鮮やかな色ですね。

こちらは、会長作、ストライクガンダムですね。
会長さんは、「ガンダムは、わからん」と言われながらも
今回、沢山のガンダムを作って頂けました。
お疲れ様でした。しかし、会長は、なんでもきれいに作られますね
ストライクガンダム会長

ジャスティスガンダム会長 ザクウォーリアー会長
左上が、会長作、ジャスティスガンダムと
右上が、ザクウオーリアーですね。
フリーダムガンダム会長
そして、フリーダムガンダムです。会長、お疲れ様でした。

次に、コウダ君の、(メ・ん・)?何ガンダムかな?
さっきのも、刀を持っていたけど、お侍さんガンダムかな?
いえ、旧キットのレッドフレームでした。
右は、百式ではないんですね? デルタガンダムだそうです。
よく見ると、全身、金でないですね
ベンテンマルコウダ 百式


そして、出ました、宇宙戦艦ヤマトと言えば
迷作会では、ヤナイマさんですね。
ヤナイマ2

ヤナイマ1 連合軍第一艦隊ヤナイマ
コスモゼロα1 と コスモゼロα2 ですね。なんか、昔のイメージと
違って、トンガッててカッコイイですね。
右は、国連宇宙軍 第一艦隊だそうです。すごい。

そして、ガミラス艦ですね。 顔色の悪いデスラー総統を思い出します。
ガミラス艦ヤナイマ クロスボーンガンダムヤナイマ
右は、ヤナイマさんのクロスボーンガンダム。ですね。

こちらも、ヤナイマさん作、ハセガワ VF-11B
こちらも、綺麗な作品です。
VF-11Bヤナイマ

コクピットさんザク隊
こちらは、岐阜コクピット、ナスさんのザク隊ですね。
重厚さを、感じます。


そして、迷作会ゲストの常連さん、通称「センセイ」の作品。
一年で、50体以上のガンプラを作られました。恐るべし。
センセイ1
キャラ1左半分は、センセイ作です。
キャラ2
右半分は、こちらも、ゲストの常連さんの作品です。
展示ありがとうございました。

これにて、第19回展示会のご報告は、おしまいとなります。

キャラモデラーのみなさんの綺麗な作品を、見せて頂き、
ありがとうございました。
キャラクターモデルも、カーモデル同様に、均一な塗装
技術が、必要だと感じました。
丁寧に塗る事で、小さな作品も、ぐぐっと存在感を増し
大きな、作品となっているように、感じました。
いやいや、勉強になりました。

小さな作品といえば、岐阜コクピットさんのこちらの作品、
こんな、極小なカープラモデルが、有る事を、今回初めて知りました。
一番大きい、消防車が、8センチくらいでしょうか、
小さいけれど、存在感が有るとは、この事ですね。
ここまで仕上げられる事は、すごい技術だと感じました。

コクピットさん極小モデル

さあ、次回(来年)の池田迷作会、展示会は、20周年記念と
なります。テーマは、「フリー」です。
迷作会の皆さん、20周年記念展示会を、成功させましょうね。

事務局の河村模型のおばさん、元気で来年も宜しくお願いしますよ。
ゲストの皆さん、アートゼロの店長さん。
この度は、大変お世話になりました。
次回も宜しくお願いいたします。
それとこのブログを見ていただいている、皆さんありがとうございます。
会員h25

category: 展示会

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

飛行機モデル2 19回展示会 

池田迷作会第19回展示会の続きです。

展示会が終わってから、すでに1ヶ月以上経ちますが、
いまだに、全作品の、ご紹介が出来てません。
それだけ、今回は、沢山の作品を、展示頂きました。

それでは、飛行機モデルの続きを、

まずは、イトウ副会長の、スピットファイヤーです。
1/32のキットです。(コウちゃんのと間違えてました、訂正いたします。)
メッサーシュミットbf109のライバルを2機、作って頂きました。
メッサーもいいけど、スピットもかっこいいですね。

スピットファイア マーク12ですね。
コウチャンスピット322
イイですね。このスピットファイアー マーク5
コウチャンスピット

次も、イトウさんのハセガワ1/32 メッサーシュミットbf109F2
小さなメッサーも1/32だと、迫力ありますね。
イトウメッサー32

次に、私ポルの、エデュアルドの1/48 F6FヘルキャットMkⅡです。
ポルF6F
エデュアルドのプラモデルは、初めて作りましたが、
コストパフォーマンスが、すごいですね。

次に、左が、イトウさんのホッケウルフFw190A5、
右が、ハタさんのゼロ戦21型ですね。
コウチャンホッケウルフ32 ハタゼロ

それから、私ポルは、1/72の大戦機を、8機も作っちゃいました。
ポルドイツ機 ポルイギリス機

ポルアメリカ機 ポルニホン機
今回、私は、この1/72のキットに、ハマッておりました。
各機体の大きさ等が、比べられて大変面白かったです。
タミヤ、ハセガワ、ファインモールド、エアフィックスのキットを使用しました。

つぎに、アートゼロの店長さんが、すばらしい飛行機モデルを
展示下さいました。
マスターバナナ
フライイングバナナですが、素晴らしいシルバーとドア開閉の
改造が光ってますね。
こちらも、店長さんの、セスナですが、このキットの作例
は、初めてみました。すごく綺麗です。
マスターセスナ

戦闘機系から、旅客機系へ、移ってきております。
会長のピーチ航空機ですね。綺麗な仕上がりですね、会長さすが!
会長ピーチ2


次に、飛行機といえば、岐阜コクピットさん、今回も展示頂きました。
いつも、素晴らしい作品を、ありがとうございます。
コクピットさん2 コクピットさん1

コクピットさん3

ナカムラさん1
勉強になります。ありがとうございました。


最後に、私ポルの、愛知県警ヘリ、あさやけ です。
ポルヘリ1
ハセガワの1/32「レスキューヘリ」の、色とデカール(自作)を加えて
作ってみました。このキット、なかなかの強者でした。「トホホ」
でも、なんとか出来て良かったです。
近くで見ると、「あちゃちゃ~」ですが、遠くから見るとカッコイイです
こういった、キットで発売されてない、機体を作るのも
プラモデルの醍醐味ですね。

さあっ、いよいよ、次回は、キャラクターモデルです。
ですが問題は、私、キャラクター作品の名前が、わかりません。
迷作会のみなさん、教えて下さいね。

category: 展示会

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

飛行機モデル 第19回展示会 

池田迷作会 第19回展示会のご紹介も、飛行機モデル
とキャラクターモデルを残すのみとなりました。

今回は、飛行機モデルです。

まずは、今回のサブテーマとなりました、メッサーシュミットbf109です。
今回は、ゲストさんも含め5名での製作となりました。
全て、1/48で、統一してあります。
メッサー協作
ベースは、イトウ副会長が、作ってくれました。
ありがとうございました。

イトウメッサー4
上は、イトウ副会長のF4ですね。アフリカ戦線色ですね。

イトウメッサー3 イトウメッサー2
上、左が、G14「ブラックチューリップ」という事は、ハルトマン機
でしょうか。右も,G14ですが、エンジンが違うそうです。
さすが、メッサーのイトウさんです。大変綺麗な塗装ですね。
イトウメッサーE3
こちらも、イトウさんの、E3です。 4機も作成頂きました。


会長メッサー3
こちら小林会長の G10ですね。メッサーシュミットは、
いろんな、形式が、あって、ちゃんと聞いておかないと
どれが、どれだか、わからなくなります。
会長も、細かな迷彩を、綺麗に再現されております。

コウチャンネッサー1
こちらは、コウちゃんの・・K4ですね
キャノピーが、新しいタイプなので、後期タイプですね。
会長のメッサーと、形は、そっくりです。


次は、ヤスさんの、・・・形式はF2です。
ヤスめっさー1
ヤスさんは、チャレンジャーですね。
珍しく難しい、円模様の迷彩にトライしましたね。
このチャレンジ精神は、見習いたいですね。

次に、私ポルの G6(グラーフ機)です。
ポルメッサー1
赤チューリップとか、黒チューリップとか、
有名パイロット機は、個性がありますね。

次に、ゲストのハタさんの タミヤ製 E7ですね。
ハタメッサー1
綺麗に仕上がってますね。

サブテーマの最後に、イトウ副会長が、
作ってくれました、給油車を、
イトウ給油車
ちょいとした、脇役ですが、メッサーの
引き立て役となりました。

実際の大戦時には、こういった給油車が活躍したんですね。
思わず、給油されたメッサーが、リッター、何キロくらい飛んだのだろうか?
と考えてしまいました。ネットで調べてみよかなっと
しかし、メッサーbf109は、大変多い形式がある
という事は、機種変更でなく、改良で、使われてきたと
いうわけで、基の設計が良かった、まさに名機だったのだろうと、
想像致しました。

色々勉強になりますね。
しかし、私、勉強不足で、形を見ただけでは
形式が、わかりません。
会員の皆さん、間違いありましたら、
教えて下さいね、訂正致しますので。宜しくお願いします。

次回、まだまだ飛行機モデルありますので、
続きを、ご紹介します。

category: 展示会

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - janre: 趣味・実用

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード