プラモデル池田迷作会の日々

プラモデルクラブ池田迷作会に属する私とその仲間達の日々をご紹介致します。

 

HONDA F1 RA272E 

2017年 2月11日です。

外は雪が降っております。今は、夕方4時30分ですが、

雪がゴンゴン降ってきました。このまま明日朝まで止まなければ
そうとう積もるのでは、
今は、道路上の車が走っているところは、雪が積もってませんが
う~ん明日朝が、心配?楽しみ?明日は、仕事はお休みなので
朝早くから雪どけしなくてよいので、まっ楽しみなほうですね。

あ~、しかし、池田迷作会展示会まで、後、4ヶ月ほどとなってきました。
私ポルは、てんで仕上がっておりません。やばいです。

このところ、製作モチベーションが下がりっぱなしで、自分でも困っております。

ブログは、迷作会員皆様のおかげで写真のアップ出来ていますが、
私ポルも製作を頑張らないといけないですね。 会長が頑張ってみえるのに、
ですねっ会長。

という事で、今回は、滋賀県のタカハシさんの作品をアップさせて頂きます。

ハセガワ 1/24 HONDA F1  RA272E です。
11号車、12号車の2台です。あいかわらず凄すぎです。
HONDA F1-29

HONDA F1-31

HONDA F1-32

HONDA F1-30

HONDA F1-21 HONDA F1-33

HONDA F1-28 HONDA F1-22

HONDA F1-27 HONDA F1-23

HONDA F1-24


HONDA F1-28

HONDA F1-26 HONDA F1-35

HONDA F1-2

実に丁寧に細かく作られていますね。相変わらず凄いですね。タカさん。
私ポルは、ここにきてやっとまともなマクロレンズを手に入れましたので、
撮り直しさせて頂き、アップさせて頂きました。
タカさんは今、レベルとフジミの1/24 250GTOを2個一で、良いとこどりで
作っておられるそうですが、出来上がりが楽しみなのであります。
頑張って仕上げて下さい。タカさん。

タカさん、素晴らしい作品をありがとうございました。
スポンサーサイト

category: タカハシさんの作品

マクラーレンMP4/4 

2016年 明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

まずは、1月度の定例会の告知ですが、 1月23日(土曜)に
会長宅で、ございます
ので、迷作会の皆さん宜しくお願い致します。


とっ言う事で、2016年、一発目は、

滋賀県のタカハシさんの作品を、

タミヤ 1/20 マクラーレンMP4/4ですが、
モデルファクトリーヒロのデティールアップパーツと海外製のパーツ、
それでも無い部品は、作ったりして、とんでもなく作りこまれております。

約10ヶ月ほどかけて完成したそうですが、ま~すごいです。

ご覧ください。  隣には、以前に作られたウイリアムズがございます。

どちらも セナ仕様であります。

マクラーレンMP4 4-1

マクラーレンMP4 4-3

マクラーレンMP4 4-7

マクラーレンMP4 4-4

マクラーレンMP4 4-11 マクラーレンMP4 4-12

マクラーレンMP4 4-14 マクラーレンMP4 4-15

マクラーレンMP4 4-21 マクラーレンMP4 4-20

マクラーレンMP4 4-17

写真をクリックして頂くと大きくなりますよ。
マクラーレンMP4 4-18 マクラーレンMP4 4-22

マクラーレンMP4 4-23 マクラーレンMP4 4-24

マクラーレンMP4 4-27 マクラーレンMP4 4-31

マクラーレンMP4 4-32 マクラーレンMP4 4-33

マクラーレンMP4 4-34 マクラーレンMP4 4-35

マクラーレンMP4 4-36 マクラーレンMP4 4-37

マクラーレンMP4 4-38 マクラーレンMP4 4-39

マクラーレンMP4 4-40 マクラーレンMP4 4-41

マクラーレンMP4 4-30

マクラーレンMP4 4-28

マクラーレンMP4 4-29

マクラーレンMP4 4-26

いやまっ、凄いですね。

タカハシさんの作品は、いつも凄いですが、さらに精密度に磨きがかかっておりますね。

毎回、聞いてしまいますが、「肉眼でやってるんですか?」と聞きますと、

「そうですよ」と帰ってきます。

滋賀のタカハシさん、すんごい、作品をアップさせて頂きありがとうございました。

category: タカハシさんの作品

フェラーリC2 プロター1/24 

今回も、滋賀県のタカハシさんの作品を、ご紹介します。

フェラーリC2 プロター製、1/24です。

私は、プロターの、このキットを、見たことがないので

どこが、素組と違うのか、詳しくはわかりませんが、

タカハシさんのお話ですと、相当、手を加えられたそうです。

それでは写真をご覧下さい。このキットは、3年前ほどに作成されたそうです。
C2-7プロター


C2-19プロター C2-17プロター
いずれにして、1/24で、こんなに精密なキットは、ないでしょう。
ボデーの面の美しさ、シャシーの精密で、実車感の有る仕上がり、
すばらしいのであります。

と言う事は、やはり、改造しまくりと、言う事ですね。


では、さらに、詳しく見せて頂きます。
C2-22プロター C2-21プロター


このキットは、エンジンが、付いてるだけのキットだそうです。
他の部品は、自作したか、他のキットやら、いろんなところから探したとか。
いずれにしても、自作部品が多いそうです。
C2-9プロター C2-15プロター


C2-13プロター C2-14プロター
この作品は、1/24ですよ。肉眼で、よく見えないんですけど、タカハシさん。
なぜ、ここまで出来るのでしょうか?


C2-20プロター C2-11プロター


C2-12プロター C2-10プロター
このスパー、ドアップに、耐えられるどころか、冴えわたっています。
タカハシさん、ひょっとして、あなたの目には、スーパー拡大鏡が内蔵?


C2-27プロター C2-8プロター
テールランプは、ズームしすぎました。しかし、このメット、小さいですが、
なんか、バイザーというのでしょうか? 開きそうですよ。
迷作会のアンちゃん、メット作成の、ご参考にどうぞ。


このプロターのキットは、もう生産中止しているそうですが、
遠征で、ぷらっと、寄ったお店に、ポロっと置いてあったそうです。
ちょっと、高いけど、どうしようかなと思いながら、購入されたそうです。

そういう事って、プラモやってると、有りますよね。
そういえば、この作品は、ちゃんと、ボディとシャーシーが、
しかも、恐ろしい程ピッタリと合体するのですが、写真を撮り忘れてしまいました。
タカハシさん、ごめんなさい。

C2-25プロター

C2-16プロター

いやー素晴らしい作品を、見せて頂きました。

タカハシさん、ありがとうございます。

ご自分では、てきとーですよ。と言われますが、

私には、到底出来ません。

大体、1作品に1年ほどかけられるそうですが、その続けられる

精神力が、すばらしいですね。

そういえば、我が迷作会、副会長のヒロナリさんもそうですね。

1作に、じっくり時間を、かけて作られます。

そういった作品は、近づけば、近づくほど、凄さが、伝わってきますね。

私も、見習わなくては、いけませんね。

こういった、すごい作品を見ますと、いつも言いますが、

プラモデルって、本当にいいですね。と思うのであります。

category: タカハシさんの作品

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

アートゼロ模型店、フェラーリ312T 

このところ、やっと暑すぎる日から、開放されつつ
ありますね。

今回は、アートゼロ模型店さんでの話題を。

アートゼロさんの常連さんであります、滋賀県の
(滋賀県から、わざわざ、揖斐までこられております)
タカハシさんの、作品を、ご紹介します。

池田迷作会第19回展示会にも、すばらしい
ポルシェのCカーを、展示下さいました。

今回は、出来たてほやほやの作品を、撮らせて頂きました。
312T6マルイ
こちらの美しいF1は、フェラーリ312Tです。が、驚いたのは、
・・・・

1/24、しかも、マルイ製であります。

え~、マルイと言う事は、私が子供のころに作った、
あのモーターライズのプラモじゃないですか。
こんなにかっこよかったですか?
さらに、ボディを外して、さらにビックリ!
電池が入るスペースは?どこえやら。
312tマルイ
なんと、エンジンから、なにから、なにまで再現されております。
ありえな~いという事で、詳しく写真を撮らせて頂きました。


312T11マルイ 312T15マルイ
エンジン周りですが、1/24ですよ、パーツ出てないでしょ。
ゼロの店長さんのハセガワ1/20を参考にされたそうですが、
凄すぎます。

無いパーツは、自作したり、いろんなところから探したり
又、1/20のパーツを転用したりとかで、苦労されたそうです。

312T12マルイ 312T9マルイ

312T8マルイ 312T16マルイ
コクピット周りですが、私、肉眼で、ヒューズとか見えませんよ。
恐ろしい、なんという集中力と精神力なのでしょうか。


312T14マルイ 312T13マルイ
タイヤ、ホイール周り、バラストらしき物も、付いています。
312T10マルイ
フロントカウルも外せちゃうんですね。ドンダケ~。

312T2マルイ

312T3マルイ
これだけ中身を再現していても、カウルが、ピッタリ収まります。
すばらしい、テクニックであります。

くどいようですが、再度、言いますが、この作品は、
あの、何十年も前のマルイ製、モーターライズの
プラモデルなのです。
タカハシさんは、F1は、1/24スケールが、
一番好きなのだそうです。が、いかんせん、
現在は、プラモ本体も少なく、さらに、ディールアップパーツ
もほとんど出ていないのではないでしょうか。
さらに、デカールは、どうしたの~であります。

しかし、アートゼロの店長さんの、そばには、すごい人が、
集まって来ますね。
ゼロの店長さんといい、タカハシさんといい、
これだけ、精密に作られるのは、なんなんでしょうね。
指先が、器用なだけでは、ないでしょうね。
まるで、マジックのようであります。

この作品は、アートゼロさんに飾ってありますので、
見られたい方は、ゼロさんに来て頂ければ、見る事が出来ますよ。

実は、もう一台、タカハシさんが、3年ほど前に作られた、
フェラーリC2(F1)1/24 プロター製の写真も
撮らせて頂きましたので、次回、お楽しみに。

category: タカハシさんの作品

thread: 模型・プラモデル - janre: 趣味・実用

プロフィール

メニュー

最新コメント

カテゴリ

迷作カウンター

RSSリンクの表示

リンク

QRコード